幸せのツボが満載☆☆☆   セレンディピティ促進ブログ  ☆★☆Presented By☆★☆ 株式会社クローバー


by clover_37
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2011年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2011年5月の運勢 


●天の気(宇宙のエネルギー)は【癸(みずのと)/水性・陰】で、農作機具が立てかけてある姿を表している。百姓一揆の「揆」にも通じ、「一揆」は暴徒を意味するし、「揆一」と書くとリーダーシップを意味することから、5月は物事をつらぬけばリーダーシップを発揮して目標達成へと向かうことができるし、あいまいになると潰されてしまうことになる。リーダーはある程度強引さが必要な時期で、あいまいなら空中分解する。天の気【癸】に従って、貫き通せるか、通せないか。恵方は【丙(ひのえ)】なので、現状がどうであれ決してあきらめず、目標(行き先)がちゃんと見えていることが重要。しっかりビジョンが見えていて、「あそこへ行く」と目標を目指して歩く人は「揆一」となり、困難を乗り越えていく。

●地の気・十二支は 【巳(み)/火性・陰】で、【巳】は「実(つぼみ)」を表している。今月、勢いはあるのに、まだまだ「未完成」の状態であることが重要で、結果を急ぐあまり、焦って無理に形を整えようとしないことがカギとなる。今はつぼみのままで構わないし、それは蒔くべきときに種を蒔いて育ててきた結果であり、その歩みは正しかったことを示している。目標を持って歩いてきたら必ずこの形になるはずで、いずれ宝(目標・利益)に手が届くから、事業なら将来的に実利につながっていくし、そのためにすでに新しいパートナーとタッグを組んでいる場合もある。一方、頭で考えるばかりで何も行動を起こしてこなかった者は、今はどうすることもできない。しっかり心の処理をしながら、次に種を蒔く時期を待ちたい。

●人の気は【五黄土星(ごおうどせい)/土性・陰陽なし】で、「物事を集めていく」という意味があり、金銭的な動きに注目が集まる月といえる。明確なビジョンを持ち、人とタッグを組み、確固たる「信」がありながら未完成である者・企業は、今なすべきことや役割が明確になってきているはず。また、それを実行動に移すための環境が整っているはずだから、自分たちの役割やなすべきことをしっかり果たしていきたい。一方、4月のテーマであった「与える力」「布施(感謝の心で出す)」を実践できなかった者は「不足・不満」の種を取り除くことができなかったわけだから、今月もう一度、なすべきことや役割をしっかり果たすことで、その種を取り除いていくこと。



◆一白水星
(S20、29、38、47、56、H2、11、20年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 50点。今月、自分の本拠地に戻った一白水星。衰運ながら穏やかで過ごしやすいが、天の気【癸】の影響受けて矛盾も生じやすい。その矛盾を乗り越えるためには、苦手に感じながらも育成に力を入れることが重要で、リーダーシップを発揮して明るく優しく触れてやれば、周囲には若い男女がたくさん集まってくる。若いだけに焦りがあるが、それにあおられて焦らないこと。一緒になってハッスルしてしまうと、依存と期待で若い者がつぶれていくから、まずは落ち着かせて、慌てずゆったり関わってみよう。リーダーシップとは責任を取るということ。やらせてみて、責任は自分で取ると腹を決めよう。任せたはものの、なかなか上手くいかずに軋みが生じたら、その歩みは正しいと見ていい。



◆二黒土星
(S19、28、37、46、55、H1、10、19年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 90点。今月から衰運を抜けて高運期に入る二黒土星。だが衰運期に調子が良いと感じ、高運期は不調に感じる二黒だけに、調子はイマイチでむしろきつく感じるし、そのため体調を壊す可能性もある。二黒はグズグズ言いながらもやるし、苦労に飛び込む力もあるが、たった一つの不足・不満が原因で、全部が不足・不満に感じてしまい、なかなか闇から抜け出せない。これまで目標を持ってしっかり歩いてきた二黒なら、不足の裏にあるメリットを見つけてトンネルを抜け、これまでの人生に区切りをつけて新しいスタートを切ることができるし、だんだん楽しくなってくる。また今月、やってみたかったことに手をつけるための準備を始めるには最適。



◆三碧木星
(S18、27、36、45、54、63、H9、18年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 80点。先月に引き続き、元気の良い三碧木星。今月元気な三碧はこれまで心を鍛えてきた証拠で、その元気は本物と言っていい。これまでの人生を終わらせて、新しい人生をスタートさせると決心した三碧には、先々月あたりから諸問題が生じているが、調子に乗らず地道に乗り越えよう。もともと長いスパンでものを見ることが苦手な三碧が、謙虚に地道に歩くことができれば「あなたについていく」と言ってくれる人物が出てくるし、それは目標が明確になってきた証拠でもある。過去に矢面に立たされて恥をかいたり、痛い目を見たことのある三碧にはとても勇気のいることだが、今月は責任を取る覚悟で地道にやって信用を勝ち取りたい。



◆四緑木星
(S17、26、35、44、53、62、H8、17年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 60点。調子は良いが、その調子に乗って宇宙人ぶりを炸裂し、言葉の問題が生じやすい今月の四緑木星。責任を背負わされて「何で私ばかり」と不満や愚痴をこぼしたくなるような状況になれば、それは自分を変化させる大きなチャンスなのだが、そうなると四緑は逃げたがるし、そのためにわざと信用を失うようなことをしてしまう。今月は「責任を取るぞ」「最後までやりぬくぞ」と決心したいし、その腹さえ決まってしまえば見栄えはよくなり、それに惹かれてたくさんの人が集まり、巨大な人脈を作り上げていく。高をくくると損なので、きっちり道理を踏まえて物事に対応すること。



◆五黄土星
(S16、25、34、43、52、61、H7、16年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 90点。中宮で運気は強いが、逃げ腰で腐りやすい五黄土星。自分が暗い分、道連れを作ろうとするとうまくない。明るいことと喋ることは違う。とくに男の五黄はあまり喋らなくていいから、誠意を持って人に関わること。よくしゃべって咀嚼(そしゃく)しすぎる五黄はズレているが、誠実にやっているなら結果も出ているし口数も少なく、たくさんの仲間の応援がもらえているはず。また儲け話や臨時収入の話がきたら要注意。自分の中に焦りがあれば騙される可能性があるし、焦りがなければそのような話は来ないから、儲け話には乗らないこと。もし儲け話に乗ったり、強引に金に絡むことをしたりすると、安定収入や信用を失うことにもなるので気をつけること。



◆六白金星
(S15、24、33、42、51、60、H6、15年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 80点。北西に廻座し、スカウトの声がかかる可能性のある今月の六白金星。やらなければいけないことやリーダーシップを発揮しなければならない状況が多く、そのことでストレスや矛盾が生じやすいが、それを苦に感じて逃げてしまうとうまくない。方法論を求めてセミナーや書籍に依存してみても、そこに自分の欲しい答えはないことを知っておこう。乗り越えたかったら方法は一つ。それは逃げずに苦に立ち向かうこと。高運気にありながらイマイチなのは、変化を嫌って逃げたい心があるからだと認知し、変化しようと決心するしかない。また人の良いところ見つけて褒め、喜ばせることも今月の開運ポイントである。



◆七赤金星
(S14、23、32、41、50、59、H5、14年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 80点。持ち前の調子の良さで走ってきたが、若干疲れが出てくる今月の七赤金星。ここは急がず焦らず、いったん止まってゆっくり休みたい。何でもかんでもがんばって動き回ればいいというものではないし、今月は休むことで健やかさを取り戻したい。しかし七赤は「自分がやらなきゃ」とノルマを感じるために立ち止まることができない。そのノルマを感じたままでいいから、とにかく休んで心身のバランスを取ろう。とくに時計が壊れたり、遅れたりするのは赤信号で、以前のように無理をして体を壊す一歩手前なのだ。立ち止まれば陰に隠れた人の思いが見えたり、生きがいに感じてきたものを再確認することができる。疲れたら止まって、食べたり飲んだり騒いだりして乗り切ろう。



◆八白土星
(S13、22、31、40、49、58、H4、13年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 90点。運気は強く、本領を発揮できる今月の八白土星。今月、土星の星はみんなそうだが、周囲を見回せばいつもたくさんの仲間に囲まれている。支えてくれる仲間、ついてきてくれる仲間がたくさんいるのだから、今月は和合こそ大事にしたい。そのためには人を褒めること。1回ではだめで、2回以上繰り返して褒めよう。つい人を回そうとしてしまい、人を褒めたりその気にさせたりするのは下手な八白だが、今月はメリットを示して人を喜ばせよう。苦手に感じても、何度でも繰り返してやってみることが大切だし、繰り返すうちにだんだんできるようになってくる。また八白は人に対して公平に接しているつもりでも、どうしても好き嫌いが出て不平等になってしまうから、そこは要注意。



◆九紫火星
(S12、21、30、39、48、57、H3、12年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 70点。衰運期にありながら一時的に日が当たり、ホッとひと息つける今月の九紫火星。安心感があるせいか、油断するとつい悪い癖が出て人間関係が雑になってしまうから気をつけたい。調子よく行きたいという思いや結果を出したいという焦りがあればなかなか止まれないが、つんのめりながらでもいいから止まること。5月こそ、止まることで目標をもう一度見直したいのだ。もし今月こらえることができたら、持ち前の頭の良さで調和を取ることができる。それから5月は飲み歩くのを控えたいし、とくに肉体関係には注意が必要。羽を伸ばしたいのはわかるが、それを止めてみる。陰の問題……淋しさや孤独を止めてみたい。止めることで、進めたかったことがスッと進むようになる。仕事や信用面で新しいことがスタートするし、全体を俯瞰する力が身につく。


(監修/藤井康夫)


■お問い合わせ
kumi_kaise@clover.good.sc
[PR]
by clover_37 | 2011-04-28 04:33 | 気学

4月の運勢

■2011年4月の運勢 (監修/藤井康夫)

●天の気(宇宙のエネルギー)は【壬(みずのえ)/水性・陽】で、糸巻棒に糸がぐるぐる巻きついた形を表している。【壬】は「任」「妊」に通じ、「任せる」「持つ」「担う(になう)」から、「任せる」と「任せられる」両面の意味があり、自分の受け持つ役割にはどこまでも責任があり、それに必ず人が絡んでくることを示している。自分が役を任せる側(任命者)であれば、何が巻きついてくるのかを見定めて、余分なものが巻きついてきた場合は止めてでも切る必要があるし、責任を担う側であれば言われた通り、ひたすら従順に地道に役割を全うする決心が必要である。責任を担っておいて、できることだけをやっているのは責任を放棄しているのに等しいから、引き受けた以上はしっかり役に徹したい。3月後半~4月にかけて任せる、もしくは任せられるような状況が起きていれば、天(宇宙のルール)に従って生きているということになる。それが【子/恵方・天道】につながり、これまでの人生を捨てて新しい自分をはじめることになるし、ツキとチャンスに恵まれる。また4月は、目立たないけれど人の世話をしている人、苦労を選び、苦労に飛び込む覚悟のある人は天に応援し活かしてもらえる。3月~4月は大黒字となる企業がある一方で連結倒産も増え、企業のM&A(吸収合併)が加速する。

●地の気・十二支は 【辰(たつ)/土性・陽】で、役を担っている人、または誰かに役を担ってもらえた人(同時に必ず自分も別に何かしらの役割を担っている)は今月、信用が伸びていく。また自分の人生そのものが伸びているし、信用が伸びて完成間近まできている。さらに三合は【申(さる)】で、「雷」の意味があり、その人の思い、信用、人間性が天と地をつらぬき、とどろかせ、必ず役を通して何か悪しき習慣を捨て、これまでの自分を終わらせることができるはず。それは古い問題だと書いてある。古くからの悪しき習慣を捨てる作業は責任を負うことによって脱ぎ捨てることができる。一方、役が来ない人や、来た役を受けられない人は、過去に人から任されたにもかかわらず、途中で投げ出したり、人の信用を裏切った経験があるはず。そうした人は物事を建設し生産する力がないし、見るからに暗い。そしていつも愚痴や不平不満、信用を落とすようなことを言っているはず。その原因は過去への恨みで、過去に自分を越える大きな存在……親や会社や先輩などによって生きがいが潰されたという思いが拭えず、わかっているけれど許せないという気持ちが根っこにあって、不平不満を言う。

●人の気は【六白金星(ろっぱくきんせい)/金性・陽】で、六白には「太陽」の意味がある。自分が生まれ変わるチャンスは、太陽からもらう恵みのようなもの。また「公平」という意味から、これまでやってきた人は歩いた分だけの結果が現れ、やってこなかった人には、それだけの結果しか表れない。今月、人をうらやましがっている者は心に腐りがあるし、逆に元気にやっている者は発展していく。だから「良い気」を引っ張り出したかったら、元気にやるしかない。すべてを担うと決心し、声がかかったら「ありがとうございます」と元気よく受けたい。「え~っ」と言った時点でタイムラグが発生して、生まれ変わるチャンスは消える。三元(天の気・地の気・人の気)は全て【陽】だから、人間が明るくなかったらダメ。潰れていく会社は暗いし、ずっとグズグズ言いながら、不都合を見ないようにして、不満を抱えながら歩いてきた証拠。一方、きつくても持ちこたえている会社は、表からは見えないだけで、陰でずっと地道にやってきたはず。4月にビジネスがうまくいっている人や企業は信用があり、ずっと蓄えてきたし、逆に信用のないところは、景気が良いにもかかわらずダメになっていく。そういう自分を作り替えて生まれ変わりたければ、まずは明るく振舞い、そして役を担えるようになりたい。ただし、いざ人の面倒を見ようとすると離れていく者が出ることもあるが、そのことで腐ったりあきらめたりすることなく、地道に人に関わり続けること。また、自分で「こうしてみよう」と行先を決めた人は人生が変化していく。連結倒産とか連鎖倒産、内需縮小に伴い、部署変換させられることもあるだろうが、部署変換されて不満やあきらめを持てば凶。逆にその変化は自分にとって必要で、世の中が与えてくれたと思えたら部署変換してでもそこに自分が必要あって世の中が定めてくれたと感謝の心で受け取れたら大吉。4月は人の信頼を落とすようなことをすると残念ながら信頼取り戻すのにずいぶん長くかかる。信頼なくす者は自分にとらわれている。とらわれているから、人の思い(真心)を汲み取れていないことに早く気づきたい。今までに、人を裏切ったり、だましたりしてきた会社は潰れていくし、4月・5月・6月は詐欺の発覚が多いとみてよい。


◆一白水星
50点。今月の一白は衰運期だが意外と過ごしやすいし不安がない。古い問題を処理し、母親と早い段階で和解している一白は表に立って活躍するなど、人生揚々とやりたいことがやれている。その一方、過去の問題や母親との問題を抱えて、矛盾が生じ人と揉め、何か大事なものから離れようとする一白もいる。すべてはわかっているのに、古くからのこだわりが自分の矛盾を生んで衝突し、争いによる離縁もあるかもしれない。運気は強いのに、それでも争いが生じる一白は深く自身を省みたい。とくに30歳近くまで親元にいて、自分の人生は母親のせいでこうなったという恨みがどこかにある。そんな一白にとって今月のテーマは責任を担うことであり、一白こそ、母が苦労して育ててくれた思いを汲み取りたい。その古い問題が、実は今の自分の最大の支えだったと自覚できれば大吉。古い問題が生じたら公平に見て、早く着手すること。全ての責任は私にあるし、「今度は逃げないぞ」と決心すれば乗り越えていける。また育成は苦手な一白だが、今の自分があるのは周囲のお蔭と自覚したい。そのためには上(目標)目指して前進しつつも、後ろを振り返り、自分が関わり育成すべき人材にきちんと目を向け、声をかけること。そうすれば自分の周りで新しい命や新しいエネルギー、新しい人材が伸びていることに気づく。


◆二黒土星
50点。二黒土星は普遍運と言われており、通常の星が高運気のときは調子が悪いように感じ、衰運期ほど運気が良いと感じる変わった星。だからどこか天邪鬼でもある。まず今月の二黒は北(最衰運期)に位置しているから、北の生活が必要。北は「冬」「真夜中」の意味を持っているが、暗い二黒にはそれがちょうど心地いい。そんな二黒が人前に押し出されるのは、太陽のもとにさらされるようで嫌がるし、大勢で旅行なんてもってのほかである。その二黒が4月は影に隠れられず、何かと役割が回って表に立たされるが、本人はそれが非常に面倒くさい。しかし今は「私がやらなくては」と思える。通常、最衰運期に役はつかないが、今月の二黒には役がつくし、人によっては妊娠の可能性もある。何か新しい人間関係の中で、新しい内容や企画が生まれる可能性もある。ただしそれは即実行せず、もっと吟味したい。こだわりを捨て、リスクを考えずにどこまでもビジョンを広げてみよう。また役が回ってきたら全体の運気に合わせて、不満を言わずに乗ってみること。二黒は文句を言いながらもやるべきことはやる。なかなか黙って受けられないが、今月は黙って受けたい。表に立てと言われたら、「はい」と受けて立つ。すると自分が確実に目標に向かって歩いていることに気づくし、文句を言いたい気持ちがスパッと切れて、やがて稼げるようになる。「やるぞ」という強い決心がカギとなる。


◆三碧木星
70点。三碧は久しぶりに調子が良い。今月の三碧は育成がテーマとなるが、もともと三碧は育成があまり上手くない。自分なりに育成を心がけるが、なすべきことをひと通りやったらもうやり抜いた気になり、相手が実際にできているかどうかは関係ない。目標の指標の立て方がちょっとおかしくて、幸せになるためにやれと言われたら、現実は別にして、やったことで幸せな気分になる。実際、あまり人生は変わらなくても本人は満足で、無くても、無いことをまた忘れる。次を見せてやると、またコロコロと転がるのは一白とよく似ている。一白も三碧も「進取(物事の始まり)」という意味を持つため、過ぎたことにいつまでもとらわれない。とくに三碧は先祖星が九紫(「離」の意味)だから、過去からどんどん離れていく。だから三碧はよっぽどのことがないと怒らないのに、その三碧が怒るときは本当に怒っている。また三碧は癖がなく、遺恨を残さない。スッキリしているので人から好かれるが、何かを残すわけではないので、自分を明らかにするもの、信用を取れるものがない。事業など後に残すものが無く、その場限りの楽しみが多いので、ここ一番の勝負の時に困る。今月はその「信用」を身につけたいし、コツコツと積み重ねて実績を作りたい。そこに吉あり。実績を作れば充実する。もともと三碧は信用されているのだから、内実が伴うようにすればいい。すると日暮ししていた三碧に未来が見えてくる。


◆四緑木星
50点。軽やかで発想豊かな四緑だが、ときどき宇宙人と言われるくらい、周囲には理解不能なことがある。そんな四緑が高運気に乗ってウキウキしているものだから、今月は勘違いから炸裂してしまう可能性がある。私の人生は「絶対ハッピー☆」と思い込んでしまうが、現実はさほどではない。そんな四緑の宇宙人ぶりに、実は周囲は迷惑していたりもする。四緑が一番困るのが今月のパターンで、言葉遣いが原因で、これまでに築いた信用を自ら壊してしまう。また四緑は問題が起きたときに「お前のせい」と言われるのを一番嫌う。何かあったら「誰だ!?」と犯人を探したい四緑だが、自分のせいでトラブルが起こると、それを見ないようにグダグダと言い訳の羅列が始まる。そうやって責任を回避したい四緑と、「見えたものはすべて自分を教えてくれるもの」と受け止められる四緑の二通りに分かれる。今月、四緑に一番求められるのは、「全部自分が引き受けよう」「自分の責任」という強い決心だ。すると「苦労」の意味が理解できるし、正しくものを見ることができるようになる。もともと人の世話が上手い四緑だが、それが自己満足なうちはまだまだ。してやっていることに満足するのではなく、最後まで責任をとる姿勢が◎。


◆五黄土星
90点。これだけ運気が強いと止まらないし、「謙虚に」と言われても、どうしても調子に乗ってしまう五黄だけに、今月はダース・ベーダーのように我が物顔になりやすいから要注意。苦手なことを処理すればリーダーになると書いてある。高運気にあって、これまでの歩き方に関係なく、その場しのぎの口八丁・手八丁でいくらでも信用を取っていける。その場で空間をつくる力がある。そもそも五黄は名番頭役が得意で親分肌だから、必要とあらば借金してでも金を撒く。そんな五黄がリーダーシップを発揮するのだが、まだ力のついていない五黄が中途半端にリーダーシップを発揮しようとする。それは大きな勘違いだと気づきたい。それはリーダーシップではなく、単に浪花節の炸裂で、実のない五黄が懸命に人情話をしても、聞いている方はしらけてしょうがない。権限や金銭的余裕があると誰も反論しないから、勘違いを続けてしまう。周囲の不満顔に気づかず、自らの言葉に酔い、よく物が見えるために指摘も的を得てしまい、自分がリーダーであるという大きな間違いを犯しやすいから、気をつけよう。余計なことは言わず、反論せず、「そうだね」「いいんじゃない」と言えるかどうか。自分が表に立つのではなく、調整役に徹することを心がけると◎。


◆六白金星
80点。六白はそろそろブレーキをかけたい。運気が強く、「気」の勢いで人がついてきているのに、まるで自分の力で集めたかのような錯覚に陥るし、気づかないうちに人の心を傷つけてしまう。ちょっとした不満や指摘が人を傷つけているが、なぜそうなるかというと、「あの時のあれが」という恨みの思いを、いま目の前にいる相手にぶつけてしまう。その恨みが不満となって毒を吐く。運気が強いだけに、それが相手には深い傷となって残るが、傷つけた方は忘れて残らない。自分では正しいつもりでも、それは恨みでしかないことに気づきたい。4月だけでなく、こうしたことは来年1年間起きやすい。六白はエネルギーが有り余っているので、心を作り、自分の感情をコントロールする作業をしていない人は、なかなか自制が難しい。鞘に収めない刀を持って歩いているようなものだから、今年~来年の六白はなるべく発言しないほうがいい。不満の心があればメリットを見つけていこう。これまで学んできた者ならば、一爻不足の裏には9の満足(メリット)があることを知っているし、それを見つける力がある。六白は太陽であり、自分が照らしているからこそ影ができるのだ。ちゃんと仲間はいる。放っておいてもついてくるのだから、言わずに安心して任せてみよう。そこに六白らしさが出てくる。「責任は取るからやってごらん」と言えるかどうか。運気がいい時ほど見えなくなり、傲慢で横暴になり、周囲は止められない。自分の見えないところで起こっている自分の噂も、全部自分の横暴さゆえと心したい。


◆七赤金星
80点。年の運勢でもそうだが、そろそろクールダウンしたい。とくに七赤のトラブルの原因になるのは「言葉」で、歯に衣着せぬその物言いが人の心を逆なでするし、今月はそれが顕著に出やすい。とくに目上に対する言葉遣いは大きな損失につながるから気をつけよう。傍で見ていると「そんなことを言わなければいいのに」「うまくやればいいのに」と思うのだけれど、七赤には許せない。だから今月は表現方法や言葉の使い方に気をつけたいし、そこを変化させたい。言葉の使い方を上手く切り替えることができた七赤は目上の人に引き立ててもらえるし、上を立てることでその姿を下に見せていくこともできる。だから絶対に上とは揉めたくない。揉めてしまえば、それを下が見て真似てしまうことになる。この修行課題は「自己流」の七赤にとってかなりハードルが高いが、意識して身につけたい。七赤が「真のリーダーシップをとる」というのは少し雰囲気が違っているが、そんな七赤が強いリーダーシップを発揮したければ、「自らを変化させていく」ことが大切。


◆八白土星
80点。今月の八白はやや過ごしやすい。高運気はぱっとしない八白だが、高運気の後半から衰運期にかけて徐々に元気を取り戻してくる。なぜなら土星の特徴は「仲間を増やしていく」という発想がやや弱い。だから八白の組織も拡大するより、コンパクトにまとまっていく。八白は二黒土星ほど考えが狭くはないが、えこひいきが強い。本当に気心が知れてる、普段から仲のいい人、安心できる人を傍に置き過ぎて、空間の広がりがない。それがえこひいきとなるが、自分ではまったく気づかない。それを今回は広げてみたいのだ。「新もえ岳」ではないが、山(八白の持つ意味)が大きくなるためには噴火するか隆起するしかない。隆起するには、噴火して土地を広げなければいけない。山は周囲から押し上げてもらって、大きくなる。八白の弱点は、与える事(布施)が弱いとえこひいきが強くなること。大きく与える事(布施)ができるようになると支える力も大きくなる。八白(山)は勝手に人を集めるが、自分は動かずに周りがやってくれて、なんとなく確立されたように見えるだけ。だから自分から意識して窓を空けて、ドアを開けて招き入れない限り、人は増えない。人は集まってくるのだが、険しいうちは登ってもらえない。心を練って柔らかくし、与え、誰にでも目指してもらえる自分を作っていけば、自ずと仲間は増えていく。それが「もてなす心」「おもてなし」となる。いつも言われていることだけに、今月こそは乗り越えたい。ビシッと自分の門を開いて、決心しよう。すると育成力とリーダーシップが身についていく。


◆九紫火星
30点。 なかなかつらい時期で、九紫本来が持つ弱点が浮き彫りになりやすい。人の欠点が目につくし、人が馬鹿に見えてスタンドプレーに走ってしまう。一人でやっても結果を出す力があるだけに、スタンドプレーになってしまうのだが、そのことで余計に孤独感が増していく。それを今月は変化させたい。まず止まる。人の欠点が見えたら、「見えた」と本音を吐こう。単独で動きたくなったら止めて「一緒に行ってみない?」と声をかけよう。止まらないと変われないし、止まるからこそ、これまでを終わらせることができると自覚したい。孤立することをやめて、連帯を組んで協調性を持って歩く人生に切り替えてはどうだろう。それは九紫にとって非常に地味で苦手なことだが、我慢とは違う。スタンドプレーをしているうちは欠点を指摘されにくいから周囲の評価は派手なものとなるが、それでは孤独は一生埋まらない。その孤独が、チャンスで足を引っ張っていることに、そろそろ気づきたい。現在衰運期に入っているから、今年・来年に地味なことがどれだけできるか。この2~3年は生まれ変わるための準備なのだから、その予行演習と思って、しっかり上記のことを実践していこう。


お問い合わせ/株式会社クローバー
kumi_kaise@clover.good.sc
[PR]
by clover_37 | 2011-04-11 19:32