幸せのツボが満載☆☆☆   セレンディピティ促進ブログ  ☆★☆Presented By☆★☆ 株式会社クローバー


by clover_37
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2009年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

雑草

日曜は梅雨の合間のお天気だったので、午後からは伸び放題になっていた庭の草引きを決行。

長袖長ズボンで3時間奮闘したものの、半分抜いたところで日暮れを迎えてギブアップ。

このときばかりは庭の広さがうらめしいぃ~。

雑草も、若芽のうちはするりと抜けるけど、しっかり根を張った立派なものはしぶとくて、気力と体力を奪われます(何度も尻餅ついたし)。


人の心(=脳)も同じように、育った環境で作られた種が記憶の中にしっかりと根ざしたものはなかなか抜けないし、やっと抜けたと思っても、種がいっぱい落ちているから、油断するとすぐにまた発芽して、夢の芽、目標の芽が育つスペースを奪っていきます。

だから雑草を抜くのと同時に、目標の芽をしっかり育てていくことが、願いを実現していくためには必要不可欠な作業なんですね。


そんなことを考えながら、ついつい意地になって草を引いていたら今日は筋肉痛がひどくて、椅子に座るのも「あ”~っ」「う”~っ」とうなりながらの気学補講でした。


そして夕飯時。

長男がベーコンとキャベツのぺペロンチーノをほおばりながら、

「パパがママを結婚相手に選んだのは、顔じゃなくて性格で選んだんだね」

「んん? それは、ママの今の顔のほうがいいっていうこと?」

「うん、そう」

「じゃあ、ママの昔の顔はどんな感じだった?」

「きびしい顔してた」

「なら、今は?」

「今のほうが優しい」


ふぅん、息子は私の変化を、そんな風に感じているんだ。


確かに学び始める前の私は、母親を認められず、受け入れられず、自分を生んでくれた命とつながっていなかったから、とても孤独感が強かったけれど・・・。

今はたくさんの愛情に支えられていることを実感できる。

それに気付いて、私もみんなを愛していこうと決めるのだけれど・・・。

決めたとたんに、与えようと思っている何倍も、深く深く愛されていることに気付かされる。

すでに、あふれるほどに与えられていることがわかれば、生きていることは、どこまでも感謝しかないんだなぁ。



さて、明日は5時起きで広島に出発。

2日間のPSI教育です。
[PR]
by clover_37 | 2009-06-29 20:01

KNS

ホームページをリニュアルするにあたり、ニフティから独自ドメインのものへ移行中のため、PCよりご連絡いただく場合、しばらくは矢印のニフメールにお願いいたします

smile-clover49@nifmail.jp



さて、土曜の関西ネットワークシステム(KNS)の会合、面白い出会いがいろいろとあり、元広島の経済産業局長さんをはじめ、各自治体や教育機関で活躍されている方々と名刺交換させていただきました。


会話の中で、「何をするのか」ではなく「どこを見ているのか」が重要であること。そのためには、まず個々の脳をしっかり耕し、人を育てる必要があることをお伝えしたところ、自治体や学校法人の経営者の方をはじめ、多くの方に共感いただいたので、そのうち中四国の各地でメンター講座や気学講座がスタートすることになりそうです

線路日×線路月の出会いだけに、今後大きく伸展しそう~
[PR]
by clover_37 | 2009-06-29 12:15 | 心・脳・記憶

ただいま

広島~岩国出張から帰宅。

暗闇から、山あいの雲が紫色にたなびく夜明けが美しい。


今回は広島で【びぶ】くんが、高知広島は【mana】ちゃんが運転をサポートしてくれたから、楽だったなぁ。

日程的にはハードだったけど、今回の出張も楽しかった。

毎回各地で、楽しみに待っていてくれる人、サポートしてくれる人がいることがホントにありがたい。

こうした活動は自分一人じゃまずできないし、たくさんの真心に支えられていることを実感しますm(_ _)m



さぁ、少し寝たら、朝9時から桂浜荘にて高知PSI。

より良い子育てのために、自分の心のパターンを知り、しっかり目標設定をしたいというママたちが、2日間かけて脳=心について学びます。

夜は気学基礎講座Q-3(基本的な方位の見方/龍馬記念館/19時~)を開催~。
[PR]
by clover_37 | 2009-06-25 05:06

7月の運勢

日曜に、息子に付き合って2ゲームだけやったボーリングで、すっかり筋肉痛★

昨日の香川・宇多津気学基礎講座、非常に盛り上がり、来月27日から本講座スタート決定!

高知気学Cクラス(高知市針木)、飛島気学クラス(愛知)も、ともに7月から気学本講座がスタートします♪


香川はメンターも近いうちにスタートしそうですので、四国北部にお住まいの方で興味のある方はお問い合わせください。

ちなみに岡山も開講準備中~☆


では、今から広島にいってきます!



2009年7月の運勢
(監修/藤井康夫)

 今月の十干は【辛(かのと)】で、字形は人が首を吊っている姿を表している。それに伴って、金銭的なつらさや心の淋しさがあるので、全体的にはかなりしんどい1ヶ月となるし、決心しなければ一歩も前に進めなくなるだろう。一方、昨年10月からきちんと心を作ってきた者や、目標・決心を持つ者、心に整いのある者は、出口のないトンネルに光を見出すことができる(闇から一陽をつかむ)。たとえ今の自分が目標からかけ離れているとしても、絶対行くと決心した者は通れない道を通すことができるし、滞っていたものが流れ出し、経済的な見通しも立つようになる。そういった今月の気の中で、元気のない者、縛られてとらわれている者、ビジョンを持たずに人間関係をこじらせてしまった者は、心に腐り(過去への恨みや人への恨み)を持っているため、トンネルを抜け出た道はさらに厳しいものとなる。人生良くも悪くも変化する1ヶ月といえるだろう。今月、前向きで元気があり、人をほめて楽しむ者には天への道が通じるし、担うべき役割が巡ってきた者は相当ツイているから、しっかりその役を果たしたい。


◆一白水星(S20、29、38、47、56、H2、11、20年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 全部自分の責任と腹をくくれるかどうかで、大きく二極に別れる。腹が決まれば宇宙が応援してくれて、ギリギリのところで金銭的な余裕が生まれ、楽しみも多くなる。優しい雰囲気を持つ一方で誤解されることも多い一白だが、毅然とした雰囲気や安定感が出てくるし、今月スカウトがかかれば、それが収入アップのきっかけとなる。一方、いつまでも自分のワガママを通したり、人のせいにして腐っている一白は金回りが悪いので、しっかり自分を切り替えていきたい。物忘れやブッキングが多いときは、人間関係がぞんざいになっている。


◆二黒土星(S19、28、37、46、55、H1、10、19年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 あちこちからノルマがかかり、ストレスの溜まりやすい今月の二黒。これまでの自分から離れられず、変化できない人はしんどいが、やるべきことや、以前、悩んだ末にやらなかったことに最挑戦すれば、できなかったことができるようになるし、ビジネスでもしっかり稼げるようになる。一旦はじけると、どんどん歯車が噛み合っていくし、パリッとした覇気が出てくる。忙しい中でも遊びや趣味の時間を大切にしたり、飲みに行く時間を持つことがポイント。


◆三碧木星(S18、27、36、45、54、63、H9、18年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 何かに縛られて、変わりたいけど変われない今月の三碧。何に縛られているのかわからない人は、飲みに行ったりカラオケに行くなど楽しみを持ったり、家族と出かけてみよう。すると楽しむことで元気になり、何を切り替えていけばいいのかが見えてくる。キーワードは「2回目」で、止めようと思っていたものが止まる。今月は人を楽しませることが苦手と感じるが、人を喜ばせることで見えるものが天への道へとつながっている。早起きは三文の得。5時起きを実践したい。


◆四緑木星(S17、26、35、44、53、H8、17年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 今月は一気に破綻する四緑と、生まれ変わり、日の出を見る四緑に分かれる。反省心の薄い四緑だけに、周囲が自分に気を使ってくれていることに早く気づき、しっかり反省したい。また自分を省みるような出来事やトラブルが起きたり、身辺が整理されるような出来事が起きてくるが、そこであきらめが生じると、そばにいる人まであおりを食らって、破綻へと向かう。一方、前に向かおうとすれば、周囲の人の声が聞こえてくるし、ツキとチャンスがめぐってきて、朝日が昇るだろう。


◆五黄土星(S16、25、34、43、52、H7、16年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 今月の五黄土星は自分を作り直すチャンス。何かあるごとに前に出たがる五黄だが、今月は心構えとして、陰に回って全部自分が支えると決心しよう。そうやって目立たないサブヘッドを買って出ることにより、一身に苦労をその身に受け、部下をまとめていきたい。すると大きく評価されるようになり、リーダーシップが身につき、金銭的な余裕にもつながっていく。またこれまで心を作ってきた五黄は、ひとつけじめがつくような出来事にも出会うことになる。ひたむきさが幸運のカギ。


◆六白金星(S15、24、33、42、51、60、H6、15年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 本格的な幸運期の到来となり、本領発揮といきたいところだが、まだ準備段階なので、マイペースを維持したいのが今月の六白。調子に乗ると未来が見えなくなるので、注意が必要だ。誠実に人の世話をしたり、苦と楽があれば苦を選んでいけば、楽しみが増えて貯蓄もできるようになる。一方、これで良しと思って安心すれば、まず間違いなくズレているか、傲慢になっていると考えて自省しよう。変化を苦手とする六白が、変化を好むようになると強い。慣れないことが大事だ。


◆七赤金星(S14、23、32、41、50、59、H5、14年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 年・月ともに運気は強く、好調な七赤金星だが、そんなときだからこそ地道になりたい。足踏みさせられるような思いの中で、たくさんの気付きを持つことができる。一方、こつこつ歩むことを嫌うと、かえって足止めを食うが、そんなときほど止まって考えてみることが大切だ。どう転んでも天への道は続いているのだから、不足不満を抑えて感謝の心で歩きたい。すると金銭的な潤いが出てくる。家庭内のケンカや問題が生じたら、もとの自分にフィードバックしている証拠。


◆八白土星(S13、22、31、40、49、58、H4、13年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 高運期の中で、なぜかはじけることができず、絶好調という実感の持てない八白土星。出過ぎては怒られ、出なくても怒られる八白の心は軋むし、疲労感も大きいが、そうした心の疲れを感じている間は、自分が生かされているという感謝がない証拠でもある。「目標」という軸足の持てる八白は自分を確立しているから、その言動に柔らかさを持つことができる。軋みのあることを喜び、目標を見つけることができれば合格。ふらりと一人旅に出かけてみるのもいい。


◆九紫火星(S12、21、30、39、48、57、H3、12年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 言うことなしの絶好調、といった運気だが、そのぶん調和を欠きやすいのが今月の九紫火星。そもそも「2番手」という意味を持つ九紫が、きちんと先輩やリーダー、親を立てて「謙虚だね」と言われるようになると、自分の代わりに右手・左手となって前に立ってくれる人が現れる。見られているということを常に意識したいし、気配りが押し付けにならないよう、「させていただく」という心で人に触れたい。すると周囲に支えてもらっていることを実感できるし、先見の明や地道さが身につく。
[PR]
by clover_37 | 2009-06-23 12:08 | 気学
恒例となりつつある、ウィークリー・ダイジェスト


13日(土)高知鑑定師
今年の重要月、8月に結果を出すためには、今月の過ごし方が非常に重要であることを学んだ。7月7日以降にどんなにがんばっても、もう手遅れなんだ。詳細は各クラスにて

14日(日)高知メンター5期
やっと5期生も受講生が20名を超えて、盛り上がってきた いろいろなセミナーを渡り歩いてきた経営者より、「これまで学んだことがすべて整理されて、非常にスッキリした。面白かったし、もっと深く学び、自分を変えていきたい」との感想をいただいた。

15日(土)高知メンター6期
気学基礎講座やメンター基礎講座の受講生からの要望に応えて、新クラスがスタート 今日の参加者が地域で、職場で、家庭で、「メンター」として輝く日が楽しみだ

16日(火)OFF
連日講義していただいた師匠を空港まで送り届けたあと、検診のために母を病院に連れて行く。

17日(水)高知気学Bクラス
1月からスタートした姓名鑑定が、一通り終了。来月から九星に入る。同じクラスに出席する受講生の因縁は等しく、他人の質問や受け答えの中からも、それぞれが心に感じ、学ぶことは多い。もちろん、講師である私も因縁等しいから、講師をしながらも、いつも反省がいっぱいでありがたい。

18日(木)高知市立E小学校講演
小学校6年生を対象に、「夢の持ち方、目標の作り方」というタイトルで、90分近くお話させていただく。私自身、小学生を対象の講演は初体験で、つたない部分も多かったとのに、子どもたちの素直な心は、私が伝えたいことをしっかりキャッチしてくれた。無限の可能性を持つ「脳」をフル稼働させて、なりたい自分を創っていってほしい。次回は保育園にて講演予定。こうした機会は今後どんどん作っていくので、可能な限り講演依頼も受け付けます ご希望の方はメッセージください

18日(木)気学基礎講座Q-2

19日(金)名古屋気学
20日(土)飛島気学
今回も6時間かけて、名古屋に到着。それぞれの中に具体的な目標がしっかり設定されて、目が輝いていた。名古屋のメンバーで、広島メンター見学ツアーに行きたいという話題も。年内には名古屋でもメンタークラスがスタートしそう 金曜夜は先月とは別の手羽先店へ。こっちのほうが、世界の山ちゃんの10倍くらい美味しい~ 来月は味噌カツにチャレンジかww

そんな話題で盛り上がりながら、深夜2時、名古屋出張より無事帰宅~

来月から新しい気学クラスがいくつかスタートするし、仏教塾やセラピー系セミナー、恋愛セミナーなども企画中。準備その他で忙しいけど、楽しみがいっぱい


ちなみに今週の予定は、↓の通り。


NEW宇多津気学基礎講座1(香川県)
6月22日(月)10時~

広島気学B(広島市)
6月23日(火)10時~

岩国気学(山口県岩国市)
6月24日(水)13時~

広島基礎講座G(広島市)
6月24日(水)18時半~

高知PSI・1(高知市)
6月25日(木)9時~

高知気学基礎Q-3(高知市)
6月25日(木)19時~

高知PSI・2(高知市)
6月26日(金)9時~
[PR]
by clover_37 | 2009-06-21 10:29

オカリナ

昨日は、息子たちと以前から約束していた陶芸教室へ。


気学&メンターの受講生でもある陶芸家・北川安さんが主宰する工房『まりが(越知町/0889261041)』にいってきました♪

大自然の中に佇む邸宅の裏に工房があり、子どもたちは大喜び。

北川さんの指導に合わせてまずは茶碗や花瓶を作り、残った粘土でめいめいがパックンフラワーやドラゴンなどを器用に作り上げていきました☆


私は、思いつきでオカリナ(土笛)を作成☆

見本もなく、記憶の中にあるイメージで作ったので、穴の位置なども微妙ですが、なんとかそれっぽい形になりました(^^;)

焼き上がりは8月とのことで、楽しみが一つ増えたし、今度はちゃんと見本を持参して、またぜひチャレンジしたい♪


そして今日は朝から針木のココロさんで、気学基礎講座の最終回を終えて、マイカーで広島に向かい中(ただいま福山東SA)。

木曜夜まで連日みっちり講座です☆

いってきます~♪
[PR]
by clover_37 | 2009-06-08 18:33

リッツの高野社長

一昨日の木曜は朝から、香北町で高知メンター講座1期生【侑里】さんによる、メンター基礎講座

個人のお宅での開催でしたが、子育て真っ最中のママたち6人が、脳の仕組みや成長、母親の影響などについて、熱心に聞いてくださいました


このメンター基礎講座は、リーダーや子育て中のお母さんには必見の内容ばかりで、しかも高知県内であれば、1期生のトレーニングとして無料で開催していますので、お気軽にお問い合わせください


で、午後から城西館へ

高知県経営品質協議会が主催する、リッツカールトンの高野社長の特別セミナーが城西館で開催されるというので、行ってきました


私は24歳のとき、香港のリッツに初めて行ったのですが、高級なのにその暖かい、家庭的な空間に驚いて、その後、数年前に書店で高野社長が執筆した『サービスを超える瞬間』という本を偶然手にして、リッツのあの空間作りは社員一人一人が持つ高い意識が作り出していることやクレドの存在を知りました


今回はその高野社長の講演を聞いて、実はリッツのミスティークなサービスを生み出すクレドの内容というのは、高度経済成長を支えた日本企業から学んだこと。

またクレドを生み出す手法というのが、私の会社が扱っているCI(コーポレートイメージ)を生み出す作業とほぼ同じであることは、非常に興味深かったですね


それから高野社長は、講演の中でチラッとご自身のメンターについて語っていたので、質疑応答の際、私が人財育成をしながら高知でメンター講座を主催していることをふまえて、「高野社長はなぜ、その方をメンターとして選ばれたのですか?」と質問すると……


メンターとはいえ、その全人格を全肯定したり、神格化したりするわけではなく……というようなことをふまえた上で、70歳を迎えてスポーツもビジネスも今だに新しいチャレンジをし続けている方や、高野氏が絶対かなわないと言い切る20代の営業のプロの方、自分とは全く違う発想や切り口を持つ女性起業家の方などは自分のメンターであるとおっしゃっていました。


さらに、実在しないメンターで、高野氏の中で唯一神格化されているのが『鬼平犯科帳』の鬼平だそうで、アメリカに滞在中から、全20数巻を何回も繰り返して読み、「こういう場合、鬼平だったらどう考えるか」というように思考を巡らせることがよくあるとか。


私も携帯のプロフには理想の男性像を『鬼平犯科帳の鬼平』と書いてありますが、あれは鬼平のような男性が好みというよりも、やはり自分が男だったら、鬼平のようでありたいという思いからなので、意外なところで高野氏とリンクしたのが面白かった


高野氏にはホントはなぜリッツカールトン東京が開店当初から評判が悪く、しかもなぜいまだにそれを引きずっているのかを聞きたかったのですが(先週東京のリッツで、頼んだ品が来なかったり、ウェイターを呼んでもすぐに気づいてもらえず、リッツの誇る『空間作り』がうまくできていないのを感じたので…)、さすがに500人の前では聞きづらかったのと、他の質問に対する高野氏の受け答えを聞いていて、その理由がなんとなく見えたがら、メンターの質問をさせていただきました


ダンディーで穏やかな笑顔が素敵な高野氏でしたが、いつも聞いている師匠の話のほうが面白いと感じてしまったのは、ものすごく深い内容を普段から教わっているからだということを認知できたのも、大きな収穫でした


講演のあとは同じ上町二丁目で、気学基礎講座の17クラス目(Qクラス)がスタート

最初に高知で基礎講座がスタートしたのが昨年5月末で、ちょうど1年経ちましたが、高知基礎講座1期生(Aクラス)の【shin】さん曰わく、「僕が受けたときと全然違うし、内容が濃いです」ということで、受講生にも大満足していただいたようです

それはひとえに、つたない頃の私の話を、お金を払って聞いてくださる受講生の方がいてくださったお蔭で、今もまだまだ未熟ですが、日々育てていただいていると感じます

ありがとうございます

今月から香川の宇多津でも気学基礎講座が、広島の西条では本講座がスタートしますが、人は人で磨かれるということを忘れずに、楽しみながら学ばせていただきます
[PR]
by clover_37 | 2009-06-06 07:35