幸せのツボが満載☆☆☆   セレンディピティ促進ブログ  ☆★☆Presented By☆★☆ 株式会社クローバー


by clover_37
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:気学( 43 )

今月の運勢


久しぶりに友人に会ったら、しばらくHPが更新されていないことを指摘いただき、
月の運勢を楽しみにしていたのに~、と。

お知らせしておりませんでしたが、
2つのスタイルでバージョンアップしたので、お知らせします☆


◆ほっとこうち ダイジェスト版「今月の運勢」
http://www.hotkochi.co.jp/pickup/20128.htm


◆まぐまぐ有料メルマガ 完全版「今月の運勢」(105円)

PC・スマホ
http://www.mag2.com/m/0001557090.html

携帯
http://mobile.mag2.com/mm/0001557090.html


にしても・・・

一昨日、息子たちと品川でボーリング3ゲームしたら、
昨日・今日とめっちゃ筋肉痛です(T。T


皆さんはどんな夏休みを過ごされましたか?


☆お問い合わせ
kumi_kaise@clover.good.sc

☆CLOVERのホームページ
http://www.smile-clover39.com/
[PR]
by clover_37 | 2012-08-21 01:15 | 気学

2012年4月の運勢

◆全体運
 天の気・十干(宇宙全体のエネルギー)は【甲・木の兄(木性/陽)】で、「種が硬い殻をバキッと割って芽を出す」という意味から、何かから割って出てくるものがある。地の気・十二支(地球のエネルギー)は【辰・しん(土性/陽)】で「震えながら伸びる・茂る」という意味があるから、軋轢(あつれき)は相当強まっていく。消費税引き上げを受けて、維新の会が強引に伸びていくだろう。とにかく4月はポイントとなる月で、東の【卯】に暗剣殺がかかっているからマスコミの論調は正しい情報を出しづらいし、一体どの声(意見)を聞いたらいいのかわからない。そんな中で今月は反対を押し破って一歩前に出た者、また苦労の多い道をあえて選択している者は正しい道を歩んでいると思って良い。何より人間関係はいつも以上に大事にしたい。景気は悪く、3月決算の苦労が4月に及ぶが、この時期に利益優先はうまくない。とくに調子のよい話には必ず裏があるから、縁故関係や信頼する人間からビジネス性のある話が来ても乗らないこと。また今月は小さなこだわり(見栄・体裁・プライド・不満)を捨てられずにいると、将来的な行き先に向けて調整したり変化したりすることができない。ビジョンを貫き、色々なしがらみを捨てて、これまでを終わらせて新しく始める人は目標に手が届くようになるし、ビジョンを声に出していく人は割れない殻を割っていく。これまでのものを止めたり、止めて変化したりすること、改革することは苦しいが、それを覚悟でやれば巨大な人脈を形成してくことになる。人の気・九星(生命のエネルギー)は【三碧木星・さんぺきもくせい(木性/陽)】で、明るさのある人はツキとチャンスに恵まれる。一方、触られたくないものは隠しても言葉に出るから、そういう意味では心の処理をするにはとても良い月といえる。心は誠実に、積極的に変革していくこと。先が見えず苦を感じるが、人生の基盤作りだと考えて、明るく積極的に地固め・反復をしながら心を磨こう。地味なこと、裏方のこと、面倒なことはとくに一所懸命にやりたい。ここへ来て、東電は一つ区切りを迎えそう。地震はもし日本で起きるなら千葉沖で、水害も。三碧には「震える」という意味から、軋(きし)み方、軋轢が激しくなる。倒産件数は増加傾向にある中、中国もロシアも経済的な局面を迎える。いろんな意味で緊張感のある1ヶ月だ。今月遊び歩くのはうまくないし、油断は禁物。



◇一白水星
(S20、29、38、47、56、H2、11、20年の2/4~翌年2/3生まれの人)
 70点。東で必ず暗剣を背負う一白。元々持っている調子の良さが問題となり、この時期は相手の言葉や思いをくみ取れず、誤解を生んだり冤罪になったりする。しかしそうなるだけの理由があり、自分の世界に浸ってしまうと周りが見えず、横柄な感を与えてしまう。軽い調子で出た言葉がトラブルにつながってしまったり、孤独星ゆえに人との触れ方が面倒そうな印象を相手に与えてしまったり、一白本人に悪気はないからこそ、今月は意識して人の思いをくみ取りたい。そのためには今月、3呼吸置いてから話し始めると良い。来たものにすぐ反応せず、間を置いて返事をすると恵方【甲】となり、これまでの自分の殻を割る難儀はあっても、トラブルは避けることができる。誠意を持っていても言いがかりをつけられることがある一白だから、ここはゆっくり歩くことでミスを避けたい。一白が本来持っている、ふれあいの優しさや人を元気にする力を発揮するためには、一旦間を置いてみること。その間があることで、相手を本当に喜ばせることができるし、調和が保たれる。


◇ニ黒土星
(S19、28、37、46、55、H1、10、19年の2/4~翌年2/3生まれの人)
80点。不変運の二黒は高運期ゆえに3・4・5月は何となく悶々とするが、今月は二黒の持っている潜在能力「ボソッと言ったひと言で相手に理解させる力」を引き出すのに良い月となる。そのためには反復と、先を読んで物事を考えることが重要で、いつも苦手で逃げてしまうその2つを、今月は何とかクリアしたい。そのためには赤や紫のグッズをそばに置くこと。課題は人によって違うが、全体の意見のまとめ役として全員に連絡を取ったり、声をかけていったりするようなことかもしれない。幹事を頼まれたり、町内会費の徴収に回ったり…苦手なことを何度もやらざるを得ない立場に置かれてしまう。できれば引きこもり、やるべきことも後回しにしたい二黒だが、面倒な役割をいくつも抱えたときには新しい人脈ができており、その人脈は表現の下手な二黒の気持ちを上手く代弁し、理解してくれる人物なのだ。年上なら男性、年下なら女性。また自分自身で改善したいものがあれば、4月はそれを変えるチャンスとなる。


◇三碧木星
(S18、27、36、45、54、63、H9、18年の2/4~翌年2/3生まれの人)
80点。三碧は南東という高運期の時に実はあまり良くないのだが、今月は恵方のおかげでいつもより過ごしやすいし、ちょうど良い感じ。最大の特徴は中宮(中央)に位置して「八方塞がり」なのだが、本当は「八方広がり」の意味がある。この運期の強い時に調子を出し過ぎると八方塞がりになってしまい、人間関係上のトラブル……とくに金銭にまつわる事でだまされる事があるかもしれない。それはすべて三碧が上ずっていることに原因がある。周りが見えておらず、思慮深さに欠けてしまう。それを回避する唯一の手は何かというと、率先して能動的に建設的に他人の面倒を見るということ。中宮にいて勢いがあるから、どうしても人に関わることが面倒くさいと感じてしまう。しかし本来三碧は世話が上手いから、面倒くさがらずにやってみる。そこに三碧の三碧らしさが生まれ、窮地に陥ったとしても打開策が見えてくる。そのときは1つではなく、いくつも道筋が見えるのだが、正解の道筋は「華やかさ」がキーワード。つまり普段から華やかな物・世界に触れておくことが重要。


◇四緑木星
(S17、26、35、44、53、H8、17年の2/4~翌年2/3生まれの人)
60点。年の運勢(今年の運勢)上は全般的に強い四緑だが、月の運勢で衰運期を乗り切れるかどうかがカギとなる。責任から逃げない心を身に付けて、最後の一枚余分なものを取り切ることができれば争いは避けられるし、誰かに導いてもらえる。経営者であれば足元が固まるし 事業をしてない人であれば家庭の中が安定する。未婚の人であれば人生の軸が固まってくる。 四緑は地味なことができる星だが、それが気分によるから困るのであって、もしその気分に左右されずに地道なことができれば、きっとそれは苦労の道だろうけれど 大きく脱皮できる。できなければまた、争いの中に身を置くことになる。四緑の橋下徹がここで脱皮できるかどうか。 彼は運が強いので、全面的対決という道を取るというよりも、これまでの過激な発言を捨てて、どこかで話し合って折り合いをつけるかもしれない。やっていることは正しいのだから言い方を変えれば・・・と思うが、しかしあの物の言い方だから衆望を集めるわけだ。ただ人の気は集めたのだからわざわざ敵を作らず、ちょっと落ち着いてもいいかもしれない。


◇五黄土星
(S16、25、34、43、52、H7、16年の2/4~翌年2/3生まれの人)
20点。今月は五黄にとって少々痛い月で、身ぐるみはがされる感じがするかもしれない。高運期に調子に乗ってしまうと、衰運の入り口で本当にきつくなってしまうから、いかに高運期を調子に乗らず、謙虚に過ごすかがカギとなる。そのために、いかに衰運期で心を作り直したか。 直していないと高運期の陽気に触れて上ずってしまうのだ。自分の心をコントロールできる五黄は高運期を上手く抜けられるし、できない五黄は調子に乗り過ぎて、とくに言葉のミスがすべての根源となって、全部失くしてしまう。また勘違いで「これはいいものだ」ととらえている自分に気づくまで時間がかかるから、スタートを切り、不安から焦る五黄はなかなか自分の価値観を変えることができない。そうした悪い癖が今月、火を噴く可能性がある。五黄は器用だから重宝されるのだが 重宝されるのと上手く使われるのは違うし、運の強い五黄は自分を理解する人が多い。また西にいるときは、どんなに忙しくても、家族と食事を一緒にとりたい。


◇六白金星
(S15、24、33、42、51、60、H6、15年の2/4~翌年2/3生まれの人
20点。衰運で六白の体が重くなり、体力が落ちて「気」が出にくい。なのに頭が凝り固まっているから、変化したがらない。「剛」(動かない)の意味を持つ六白が動くから、余計にくたびれる。休めばよいのに素直に聞けず、つい無理をする。高運期では気を抜くことができても、衰運気では本来の臆病さが出てしまい、気を抜くことは危険に感じてしまうのだ。今はなるべく自分の意見を通さない。自分が頑張ってしまうのは体裁や不安があるからで、不安からくる主観を通そうとするから疲れてしまうし、「やってあげている」と不満が出る。今月は心の調和が取りづらく、変化しなければならないことがたくさん出てくるから、休めといわれたら休めばよい。そんなに結果は変わらないし、届く距離は同じだから、休んでから歩いたほうが楽なのだ。自分の主観を一度捨てて合わせてみる。合わせられない心を止める。無理に動かず、こじ開けず、裏に引っ込み不満を抑える。休むことを受け入れられない心に問題がある。ズレのひどい六白になると、そうした状況すら現れない。リーダーは表に立たず、ゆっくり花見でもしたい。


◇七赤金星
(S14、23、32、41、50、59、H5、14年の2/4~翌年2/3生まれの人)
30点。南に廻座するため、「直感」や「パワースポット」など見えない世界やスピリチュアルの世界に傾倒する七赤はちょっとまずいことになるかもしれない。世の中は政局を迎えるかもしれないという時勢において、そうしたものに依存するということは現実を見ることができていないし、人生の軌道から脱線していることに気づきたい。自身の人生に後悔が多いのか、はたまた親に対する恨みが強いのか。どちらにせよ目が曇っているので、理性的になるためには本を読み、学びに行くことを始めたい。一方、学ぶことのできない七赤は仮想敵を作るなどして争いに身を投じていく。どちらにせよ、じっくり自分の心を省みるチャンスなのだ。ビジョンのある人は本を読みたい。経済書や成功本、啓発本ではなく、文学を読んでいる人は豊かな心と表現力を身につけていく。サスペンスやファンタジーもおすすめだ。


◇八白土星
(S13、22、31、40、49、58、H4、13年の2/4~翌年2/3生まれの人)
60点。北に落ちて八白は、鉄砲水で山がどんどん崩されていく感じ。雨の中で、泥のブロックを積んでいる感じ。体は重いし、仕事は寝られないような内容の事が多いため、日中眠くなり仕事の効率も悪い。今月は同じ過ちを繰り返さないことが大事。八白は、ビビリ癖から周辺状況を整えることだけして、本分と違うことに逃げる。物事をちゃんと直視せず、他の要因を引っ張ってきて、あたかもやっているようにみえるが、重要度が高ければ高いほど、ズレているので結果も出ない。しかも、本分とちがうことをやっているにも関わらず、今を保身するために、論理的言い訳をする。今月は北に天道を背負っているから、この八白の最も弱い部分を作り直すチャンスがきている。だから、ズレてしまうことのないよう、やらなければいけないことをきちんとやること。冒険をするなら、もっと従順に律儀に正確にすることがポイントとなる。


◇九紫火星
(S12、21、30、39、48、57、H3、12年の2/4~翌年2/3生まれの人)
60点(70点)。三合がかかっているため70点と言ってもよくて、運気は少し上がり始める。ただ年盤上は衰運なので、差し引くと-20点だから、実質は40点程度と思っておいたほうがいい。なぜなら今月の運気の強さに乗って、また横暴ぶりを炸裂してしまうからであり、九紫の一番気をつけないといけないところなのだ。だから今は、裏方に回って人を喜ばせよう。しかし九紫はそこが苦手で、裏方にはなんとか回れるが、裏に回って言葉の問題から毒を吐き、暴君になってしまう。だからここが九紫の正念場、裏方に回って、人の褒めるところをじーっと探すこと。もしくは、歯が浮くような褒め言葉で良いから言ってみることが大事。ここ最近やりたいと思ったことや、これまでやってみようかなと思いつつ諦めていた事を、今月は始めると良い。そうすると、高運気に花開く可能性がある。1つだけでなく、いくつもあると思われるから、それを全部やってみるといい。

(監修/藤井康夫)


お問い合わせ
kumi_kaise@clover.good.sc
[PR]
by clover_37 | 2012-04-01 15:14 | 気学

2012年3月の運勢


●天の気・十干(宇宙全体のエネルギー)は【癸・みずのと(水性/陰)】で、「揆・き」は「一揆・いっき」という意味から、政治は荒れる可能性あり。消費税の問題などもここで噴出し、政局を迎えるかもしれない。場合によっては解散の前に総理辞任などの可能性もある。また辞めないまでも、大臣の失言問題などを背負う可能性あり。それより、TPPや消費税問題などでリーダーシップを発揮すれば「癸一・きいち(貫く・リーダーシップ)」となり、取ることができなければ「一揆(クーデター)」となる。今の流れから行けば、TPPと消費税問題は3月に押し切ることになる。だから消費税をかけての解散総選挙ならまだしも、消費税を決めてからの選挙とはどういうことだと、ひと山起きるかもしれない。同時に補正予算が通るか、3次予算が通るかも揉めるが、それは通る可能性あり。そのため3月以降の土建業が復興事業で一気に始まると、国内はわりと潤うだろう。ところが年の運勢からすると、昨年・今年と「ダメなもの・改革しなかったところは潰れていく」ので、復興事業が始まり、なんとなく乗数指数が高まっていくかたわらで、それ以外の業種は乗り切るのが困難となる。例えばトヨタはマイクロソフトと組んだが、そうした異業種とのコラボレーションは2011年の気である。【癸】には見えないという意味があるので、何となく消費者心理としては、景気が上がったようには感じられない。しかし成長率はこのときに上がり、3月決算期では経済成長率は高くなるだろう。


●地の気・十二支(地球のエネルギー)は【卯・ぼう(木性/陰)】の気に乗って「強引に開いていく」というのだから、ダメなところはダメで一気に倒れていく。それにより国内は失業率が少し上がるかもしれない。だが復興事業で拾う受け皿があるので、消費税を決めることで不景気感が漂うのか、補正予算が決まって復興事業が始まり国内が潤うのか、二極化となる。ということは、儲かっている側はどこまででも儲かり、儲かっていない側はどこまででも儲からない。これまで信じていたものが無くなる、とあり、それは「強引に進めることで信用をなくす」ことなので、民主党内から割れて新党が結成される可能性もある。また巨人と言われる人が倒れたり、大企業も3月決算を乗り切れず、倒れるところが出る可能性がある。東電にも、何かしらの変化があるかもしれない。今月は目標を持っていることが大事なので、ぜひ目標を書き直したい。同じ内容でも構わないので書き出してみて、文章や内容に整合性を持たせるように書き直していくと、気づきがあるだろう。それによって見えなかったものが見え始めるし、これが次の目標を生んでくる。また目標を掲げることによって古い問題が明らかになり、処理することができれば大吉。一方、明らかになるがゆえに、また癖で逃げようとするとそれは凶だから、逃げずに乗り越えたい。


●人の気・九星(生命のエネルギー)は【四緑木星・しろくもくせい(木性/陰)】で、中宮四緑の本宮に三碧が暗剣を背負って同会するので、「暗闇に信頼を利用した声あって姿なし」から、詐欺やこれまでの人間関係を壊すことになる。2月後半以降に出た話に関しては凶とみていいし、スカウトの話にも乗る必要なし。また3月は蓄えのないところは苦しい。この蓄えのないときに詐欺がやってくるのは普通で、ないのに借金までして何かを始めるのは間違い。企業がもし生き残りをかけるとするならば、社内にあるあきらめや後悔、人を嫌い、人のせいにする心を今月は処理したい。今月は問題を解決しやすい最後の月となるなので、決算期で膿は全部出し切ること。



◇一白水星
(S20、29、38、47、56、H2、11、20年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 60点。一白は衰運といえども、先月は過ごしやすかった。しかし今月は気持ちが焦りやすいので、いまひとつ落ち着いて準備を整えていくこと。目標が明確に見えていないので、ここでちゃんと目標を見直そう。【未】は「味わう」なので、味わうように目標を吟味していくとよい。義務や思いつきで目標を立ててはいないか、目標全体の調和が取れているのかを吟味し、整えよう。今月、生じてくる問題は矛盾が多く、一白には一番乗り越えにくい。指摘される内容は過去からずっと言われてきたことで、それが結構こたえる。一白は心に淡い小さい火(希望)が灯っているから、それに気づきたい。それは心の中にふっと生まれたもので、今月はその思いに薪を注ぐことをせず、小さくぽっとついたまま大事に持っておきたい。要は調子にのってはいけないということ。古い問題と併せて見ていけば、何をどうすれば自分の弱点が補えるのかが見つかる。それが見つかるから、このともし火は何ヶ月か後、何年か後に大きな利益になる。



◇ニ黒土星
(S19、28、37、46、55、H1、10、19年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 70点。普遍運(フラット)の二黒にとって、高運期は調子がイマイチ。ただ今月は「表に出る」「動く」「発言する」ことで発展とあるので、自治体やPTAの役員など役割を頼まれて忙しくなり、気持ちが落ち着かない状況が起きてくる。「気持ちが落ち着かない」というのは二黒が一番嫌う状況なのだが、ここは思い切って出てみることが大事。一方、役を受けずに下がると流れに逆らうことになり、逆に大変になる。来る役割はほとんど人のお世話ばかりで苦労を伴うから、余計面倒くさい。ぶつぶつ言いながらやってもいいが、ぶつぶつ言うのをやめてみると、ぶつぶつ言うほどの問題ではないことがわかる。不満が多く消極的な自分から離れるためにも、動くことが大事。二黒は基本的に積極性がないが、なんとなくやっているのに、なすべきことがわかる。だから、やるべきことは割り振って「お願い」をしてはどうだろう。「自分はこれをやるので、あなたはこれをお願いします」と、指示することを明確にして人にお願いする。「自分がやりたくてやっている」ということを意識するのも大切。



◇三碧木星
(S18、27、36、45、54、63、H9、18年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 60点。三碧は今月が一番厳しいかもしれない。多くの三碧は、過去に抱えた問題を処理できないまま生涯を閉じる人が多いし、処理されない問題が溜まってくると、突発的に事件・事故が起きてくる。そんな三碧は「説明すること」が大事。間違っていることをしているわけではないのに、わずらわしさが原因で説明不足となり、「また?」と言われることが多い。また今月、過去の古い問題が出てきて処理しづらく、無視して思い切り行くと足元をすくわれる。それを回避する唯一の方法は、自分のことは置いて人を「育成」するか、言われたことを「ひたすら黙ってやる」しかない。しかも右を向いても左を向いても怒られることを覚悟してやること。変な気の回し方をして、本人は極めたつもりでも、足りていなかったり、やり過ぎたりして怒られる。どちらにせよ、噛み合わない相手にどこまでも合わせていくことが、自分の過去の過ちを清算する唯一の方法となる。怒られることで腐らず、投げ出さず、最後までとことんやってみよう。どこまでも「望まれた通り」に、ちょうどいいところで調和できるがポイント。



◇四緑木星
(S17、26、35、44、53、H8、17年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 70点。中宮で最高運気だが、衰運気のとば口で注意が必要な今月の四緑木星。四緑は「都合がいいと世話好きの善人」だが、最後まで責任をとる覚悟がないため、不利益がおきてくると犯人探しが始まって、敵と味方の区別がつかなくなる。だから今月は最後まで逃げずに「責任をとる」と腹を決めよう。すると今月、最も四緑らしい「世話好き」を身に付けられる。気分のいいときだけ、お節介と言われるほどの世話好きで、それが四緑の「らしさ」なのだが、なぜそれが潰れるかというと自分に囚われるからだ。だから責任を最後まで持つと腹を決め、余分なことを言わず、もともと暗いから明るく振る舞うようにすること。都合に関わらずコンスタントに、逃げずにお世話できるようになればキラキラ感がキープできるし、四緑の「信用」は安定する。基本的に大柄で太っている四緑は運が強いが、痩せて見られたい四緑は本音と建前が異なり、虚栄心が強く、疑心暗鬼で感情が激しいから、いつも条件に左右されることになる。それから、どうしても今月は言葉の失敗が増えるから、それでまた信用をなくさないようにしたい。



◇五黄土星
(S16、25、34、43、52、H7、16年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 40点。五黄はこれまでのあり方がここで試される。調子に乗っていれば、高運気でありながらも物事が思い通りに進まず、随分と悩むことになる(とくに金銭的な問題で)。その第一の原因は、親分がいないこと。これまで自分の考えを押し通してきて、人から教わることは無いと思っている五黄は難しい。それを改めて目上の人やうまくいっている人の意見、親分、お師匠さんという存在に、助言をもらいに行けるか……要は、柔軟になれるかどうかだ。五黄の周囲にはいつも応援してくれる人がたくさんいるが、結局聞けるか聞けないかに尽きる。また五黄はピンチで責任から逃げるところがあり、五黄の経営者は自分の財産を守るために会社を倒産させることができる。また経営者でなくても、組織の中で自分の逃げ場所を先に見つけておいて、知らぬふりをしていられる。そんな五黄は多くの信用を無くすし、どんどん人間関係が狭まっていく。今月は周囲の事を考え、周囲の意見をちゃんと聞いて、利己的にならないこと。もし親分が見つかってヘッドハントされたら、それが一生涯の自分の人生を開く出会いとなる。



◇六白金星
(S15、24、33、42、51、60、H6、15年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 50点。高運気の歩き方によって差が出る今月の六白金星。中宮(最高運期)で理性を失い、過去を省みず、不足不満から暴君ぶりをさく裂させてしまった六白は、何かしらその場から撤退しなければならず、一気に闇に落ちる可能性がある。今月そうなると光は見えず、抜け出ることは不可能で、恨む相手がいて、誰かのせいにしながら地獄に落ちていく。一方、高運気でも理性を保ち、すべて自分の責任だと受け止めて頭を下げられる六白なら、周囲に仲間はたくさんいる。だから3月は用心が必要。12月、1月、2月の3か月をどう謙虚に過ごしたか、どう理性的に過ごしたか。この3か月の間に運勢に従い、自分のごう慢に陥る原因をつかんで処理することができたかどうか。六白が六白たる所以は、「乾は大始(大志)なり」だから、大きな目標があり、その目標から一度もぶれずに歩いてきたかどうかが重要。そして「乾は施すなり」だから、周囲に施してきたかどうか。それらがこの瀬戸際で、+50となるか-50マイナスとなるか、すべて結果となって現れてくる。



◇七赤金星
(S14、23、32、41、50、59、H5、14年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 60点。これまで調子の良すぎた七赤だが、ここへきて下降線となる。こういう時に重要なのは、勘に頼らないことだ。勘に頼ると全部はずれる。反発されると理が飛び感情的になるが、今月は自分を出さずにどこまでも理で押すこと。衰運は自分を出さない訓練が必要で、それが高運期に入った時の自分の精度に繋がっていく。カチンとくる時はすでに自分が出ているから、理をもって自分を省みること。今月は過去からの自分を全部清算するビッグチャンス。さらに、自分にノルマをかけること。今、手いっぱいでも、さらに自分に建設的なノルマをかけ、あきらめすにやり通すこと。すると余分なものが整理され、人生のバランスが取れてくる。逆らうものでも争うものでもなく、人生上のバランスがとれて整ってくる。例えば、人を通して自分を知ることができるが、その人のおかげでと感謝ができたなら、生まれてきて良かったと思える。だから母に本当に感謝できる。その心がつかめるかどうかが今月のポイントだ。



◇八白土星
(S13、22、31、40、49、58、H4、13年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 70点。そもそも理論派の星である八白には「山」という特徴があり、実行動よりも、動かず理論的に、来るものには与える力がある。その八白が今月は過ごしやすく、ひらめきは的を射ているのだが、そのひらめきを論理的にきっちり固めて整えていく必要がある。そもそも、そのひらめきは不満を埋めるために生じているから、それを万民に理解できるよう論理的に話をする必要がある。ところが、八白は筋道を立てるとぎこちなくなる。とくに個人の都合を満たす欲でひらめくと、うまく伝わらない。一方、人のためになるひらめきなら、それを論理的に話すと喜ばれる。自分がたくさん愛情をもらっていることが理解でき、不満の裏にある満足に気づけたら、八白(特に女性)の中にある強い嫉妬心がなくなる。勘やひらめきに頼らず、論理的に思考を組み立てることで、実は満たされていることに気づけるし、嫉妬心が薄れていく。八白の女性はひいきされていることが多いが、本人は全く気づいていない。また心地よさから特定の人だけひいきしてしまうが、視点を上げ、目標の視点でいつもものを見ることを意識したい。



◇九紫火星
(S12、21、30、39、48、57、H3、12年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 60点。ここへ来て運気は上昇し始めたが、「矛盾」が生じて二極化するため、高運期で心作りを怠った九紫は衰運で孤独に陥り、きつくなる。権力者など、目上の一人に認められたらそれで良い九紫は、人に物を任せても気に入らないから自分でやってしまい、その部分は上に評価されるため、自分は出来ているように感じて、自分以外はダメと見る。それゆえ九紫は傲慢になり、余計に孤独を生んでしまう。その傲慢さをそぎ落としたい。九紫は人のお世話がうまいし、頼まれたらよく動く。しかし、動いた分だけ「やってやった」という気になり、無意識に傲慢な言葉を吐いてしまう。そんな九紫から柔らかい言葉が発せられるようになると、「世話をしている」ではなく「させていただく(謙虚)」ということが理解できた証拠。傲慢で仲間ができにくいが、もともと能力もパフォーマンスも高いので、今月は「人から愛される」ということがテーマになる。親分の前だけでなく、普段から言葉の使い方・素振りを注意する。そんな九紫を戒めてくれる仲間がいることも大事。真摯に人に関わり、謙虚にやるぞと本気で、身を切るような思いでやれば、もともと持っている九紫の優しさが必ず表に出てくる。

(監修/藤井康夫)
[PR]
by clover_37 | 2012-02-23 23:03 | 気学

2012年2月の運勢

●天の気(宇宙のエネルギー)は【壬(みずのえ)/水性・陽】で、「責任・孕(はら)む・宿す・蓄える」を意味するから、今月は何かを孕む月である。だがそれはすぐ形には表れない。【壬】には「蔵」という意味もあり、収穫物がたまっている姿を表す。蓄える、集まる、たまる。人間関係上の苦労を孕む。そこに恵方がかかっているから、人を集めて人の世話をし、苦労している者には必ずツキとチャンスがやってくる。

●地の気・十二支は【寅(とら)/木性・陽】で、今月は止まることではなく「始まる」ことで人生が発展する。未完成、不完全でも構わないから、とにかくスタートを切れば、必ず引き出してくれる人がいるはず。【寅(イン)】は「引」の意味があり、固い殻を割って出た芽は上から引っ張り上げてもらえるのだ。だから「こうしたい」という思いがあるなら、迷わず行動に移そう。歩いていくうちに「ああ、これか!」と見えてくるはずだし、最初はアバウトでも、だんだん形になっていく。何をやったらいいのかわからない者は、まず目標年収を決めるといい。するとそれに従って、ちゃんと脳が動き出す。そうやって見切り発車でもいいから、とにかく目標を設定し、行き先を決めて歩き出せば、最後の余分なものがとれて生きがいが見つかる。その余分なものとは、古くからの心の問題だからなかなか手ごわい。過去の自分を貫くか、目標に向けて新しい自分を貫くか。それは12~1月の歩み方で差が出る。2012年の気も【壬】で、2月の時点ではまったくわからない。そのくらい世の中がズタズタに壊れていく。出口のないトンネルでも、信じて進めば光が見えてくる。

●人の気は【五黄土星(ごおうどせい)/土性・陰陽なし】で「集める・集まる」の意味があるから、これまでやるべきことをやってきた者は必要なものが集まってくる。また今月は全員が本宮(拠点)に戻り、これは実家に帰るようなものだから比較的過ごしやすい。大切なのは、それぞれの役割をきちんと果たすことと、「らしく」生きること。『天数系列(三碧木星・六白金星・九紫火星)』は明るく元気に声を出していく。『地数系列(二黒土星・五黄土星・八白土星)』は目立たず地道にコツコツやりたい。『人数系列(一白水星・四緑木星・七赤金星)』は人に優しく、柔らかな関わりを心がけること。そうしているうちに物事があきらかになるし、いろいろなものが見えてくる。


◇一白水星 
50点。一白は本宮で北(最衰運期)に廻座するのだが、お里だからそんなに大変ではないはず。少し希望が出てきていろいろ企んでいると思われるが、それは今はやらない方がいい。今は能動的に動く時ではなく、地固めをする時なのだ。高い目標に向けて飛びたければ、まずは発射台を安定させなくてはいけない。行きたいところに自由に行ってもいいのだが、2月に関しては地固めをしたい。周囲に若者が集まり、年齢層が下がる分だけ活気付いて騒がしい今月、一白のやりたいことはなぜかうまくいかないが、やらなければいけないことには出合ってしまう、という矛盾が生じる。だから最初から新しいものには手を出さず、現在進行形のものをきちんと処理して地固め、足固めをしたいのだ。もしかしたらそれは0からやり直さなければならない規模のものかもしれない。それを無視して地道にやらなければ、物事は形にならずに壊れていく。地道にやればやったで、必ず自分の周囲が軋んでくるはずだが、軋むことは進んでいる証である。その軋みの中で、一白は身内の中でどれだけ信用を獲得するか。その信用を確固たるものにしていくか。これが一白の北における生活の心構えとなる。だがそれはそんなに難しい課題ではないから、そういう意味ではゆったりと過ごせる2月になる。


◇二黒土星
80点。マイペースな二黒土星は衰運~高運期の入り口まで(南・北・北西)が過ごしやすいため、本格的な高運期(東~)に入ると自分のペースで進まないことを嫌って全部投げ出しそうになる。今月本宮(南西)に戻った二黒は過ごしやすいが、先祖・親、そして一番は過去から持ち得てきたもの(=記憶)の処理が重要となる。何が問題だったのかを明らかにする時で、それはおそらく惑いからくる遅さにある。惑いには常に成長が伴うから、戸惑ったら躊躇せずに「前に出る」と決めておくといい。考えても答えは出ないから、戸惑ったら前に出ること。過去でも決断の遅さが問題となっているから、すべては自分の決断の遅さのせいだと自覚しなければならない。「もっと早い段階でやっていれば……」ということがたくさんあったはず。過ぎたことはしょうがないが、しょうがないまま来て、今の人生なのだから、どこかで処理しなければいけない。だから早く処理しよう。やるべきことも後回しにしているから、やりたくないことはもっと後回しになっている。そういう自分を悔い改めよう。そのことが生きがいを見つけることに繋がっていく。今月は本来の自分とは真逆のこと……人を喜ばせること、楽しませることを意識していきたい。そうすることで世話をする力が身につき、組織のリーダーとして確立していく。やりたくない事ばかりだろうが、自分らしくとはそういうことなのだ。


◇三碧木星
60点。三碧は先月、先々月といい感じだったが、東(本格的な高運期)に出てきたのでちょっとセーブをかけてみる。三碧は調和を取るタイプではなく、どちらかというと責任を取らずに「やろう、やろう」と声を出すタイプだから、調和を取ることが大変難しい。ところが今月は、落ち着いて全体を見回して調和を取りたい。自分の仕事が終わると気が抜けてしまうが、そこで全体を見回して調和を取る。それはそのまま人を育成することに繋がっていく。調和を意識することによって、三碧がやりたかったことが表れてくるし、それは育成している中で見つかるはず。意外と世話好きな三碧だから、物事を早く終わらせることよりもじっくり時間をかけて教えることが大事。じっくりやるのが面倒で、つい手を出してしまいがちだが、育成を意識することで全体を見る力が身についてくる。信頼されやすい三碧はたくさんの人に重宝にされるから、全てに応えることができず、そこがいい加減に見えたりする。今月は信頼確保を意識して、暗い人も不満の人もみんな合わせて連れて行くこと。三碧は伝わらないと見ると早々に断念する癖があるが、それでは育成にならない。今月はとことんやり抜くことで気長に待てるようになるし、信頼が増していく。

◇四緑木星 
40点。今月のテーマは「もっと前に出て声を出す」こと。リーダーシップをとり、前に出て声を出すと指摘されるから、四緑は基本的に前に出たがらない。とくに今月は「全部あなたのせい」と言われるから、いいことをしても褒められないけれど、ミスをしたら責任を問われ責められることを覚悟したい。四緑は責められないように、いつも責任をかわすのだが、今月は「すべて私の責任だ」と受け止めることが課題なのである。それができるかどうか、四緑がリーダーになれるかどうかの瀬戸際。 責任は取りたくないのに、自分の意見で人を使い回したいという、ちょっとずるいところがあり、本人は人を立てているつもりでいるのだが、立てられた方はたまったものではない。だから今月、四緑は前に立って声を出して、批判・攻撃されることが大事。また自分の意見を通したいなら、責任をとることが大事なのだ。調子がいいときは人のことを思いやり、心配してかばってくれるが、調子が悪くなったら全部が敵になる。今月はそんな自分を乗り越えたい。自分の都合に合わない相手や、感情的に認められない相手を傍に置けるようになったら、今月は合格。かなり難しいし、それができたら四緑とは言わないが、できたら「達人」といえるだろう。 四緑らしさというのは、そういうところにあるから、まずは心構えとして意識して生きてみよう。

◇五黄土星 
男女ともに40点。今月の五黄土星は男女ともに、周囲からの忠告を聞けるだけの心のゆとりと平常心があるかどうかが勝負となる。そもそも女性の五黄は男性の五黄よりもアクが強く、強情を張りやすい。強情だと、物理的にも精神的にも変化に弱くなるから、この忠告を聞かないと大変なことになる。男性の五黄は雷が落ちるように徹底的に言ってもらえるが、女性はなかなか言ってもらえない。嫌味な感じでチクっと言われるので、アクの強い五黄が反発せずに素直に受け取れるかどうか。今月は必ず忠告者がいることを知っておきたいし、それを聞いて改められるかどうかが、今後の進展にかかっている。心を鍛えてきた五黄ならば問題はないから、しっかり意識して過ごしたい。

◇六白金星
90%。運気は強く、ごう慢・横柄な暴君になりやすいから、徹底して謙虚を意識したい。謙虚というのは、まずは態度、言葉から意識しなければならないが、身についてくると態度以上に優しさがにじみ出てくる。多少ワガママで横柄な部分があっても、なんとなく可愛げがあって周囲から愛してもらえるのは、「謙虚」という言葉の意味が理解できて身についた証拠。それは自分が活かされていること、人に育ててもらったことへの感謝や、一人で生きているわけではないことが身に沁みている証でもある。だから多少表現が横柄でも、本音(心の中)が謙虚であれば、それはちゃんと周囲に伝わるのだ。本音で謙虚になれない六白は、運気の強さと好調ぶりから、ごう慢さを露にしてしまい、そのごう慢によって全部無くしていく。この危険な高運期をどうしのぐか。もともと「天」を意味する六白だけに、そのごう慢さも甚だしいから、調子に乗っていると大ナタでバッサリ切られるような痛い目に合う。そうしなければ謙虚さが身に付かないくらいごう慢なのだ、ということを、ここ北西に廻座したときにいつも自覚させてもらえる。とことん人に関わり、正しい物の見方を身につけよう。それがブレーキとなり、悦びが見えてくる。自分を制御できる理性の力と、楽しむ力、悦びの力。不足・不満があることが悦びであると理解できれば、またさらに謙虚が身につくはず。

◇ 七赤金星
 70%。ここへきてちょっとクールダウンだが、それでもまだ勢いはある七赤金星。今月はその勢いを外に向けるのではなく、家庭や実家、身内、仲間に向けてみよう。衰運に入り、ここまで走り続けてきた分の疲れがどっと出るため、何かしらやめたい、引退したい、休みたいという思いがわいてくるのだが、休むくらいなら家族と楽しむために時間を費やしたい。家の中で涙ぐむような思い出がたくさんできるように、何か計画を立ててほしいし、今月は家族を悦ばせるために自分にノルマをかけたいのだ。そうやって家族との信頼をはじめ、家庭内、親族内の調和を図ることによって、次のステップへの準備としたい。七赤は「八転び九起き」という言われるくらい、いつも世の中と戦っている感じがする。「いったい誰と喧嘩しているのだろう?」「どうしてもう少し、歯に衣を着せて物を言わないのか?」と思うことがある。もう少し謙虚な言葉を使えばいいのだけれど、どうも世の中と喧嘩している感があるが、それが七赤なのだ。それはそれで構わないのだが、2月はその戦いに向けて、チャージする時間に充てたい。節分を迎え、新たなサイクルに向けてワクワクしているだろうが、「まずは家族と楽しもう!」という思いを持つことが大事なのだ。

◇ 八白土星
80点。自分のやりたいことだけをやってしまうのが弱点である八白土星。今月は幸せになると書いてあるのに、苦手なものは選ばず、幸せになるかどうかもわからない、自分の得意なことを取ってしまう。いま高運気にあることがクセモノで、これまでは全部不足に感じていた人生の中でちょっとした兆しが見えてくる。好きなもの、得意なものが見えてくるが、そこだけを見るのではなくて、「不足」「苦手」もちゃんと見る。2度見することが大事。1回逃したものは2度目で必ずクリアさせること。自分が決めたことやり通すことが大事。負けん気が強くて、やると決めたらやり通す人が多い八白だが、できることしかやらない。幸せへの道が与えられているのに、それとは違う別のものを選ぼうとする癖があるため、与えられたものが残ってしまう。与えられたものをやらないと、だんだん与えられなくなってくる。八白は、全部おいしくちょうだいするというのが「らしさ」なのだから、ワガママを言わず、選別(好き嫌い)」をせず、与えられたことを全てやること。運期がいい分だけワガママが通り、好きなことだけをやるから、周りからはできる人のように見えてしまうが、それでは条件変わった時に痛い目をみる。本来はやり通す力があることを自覚して、なさねばならぬことに向き合い、それを達成するというノルマをかけて今月は過ごしたい。

◇九紫火星 
70点。基本的に楽に過ごせる今月の九紫だが、矛盾が生じる。1つ目は人間関係上の問題で、とくに感情的対立からなる人間関係の損失の可能性が大きい。だから2月は感情的にならないこと。2つ目は思慮深く生活すること。行動を起こす前に考えることが大事で、うかがいを立て、確認を取りながら、自分の行動を抑制したい。ただしそれは、やると決めたことに不協和を感じて一歩も動かないこととは違う。やろうと思ったときに一呼吸おいてちょっと吟味するということが大事。さらに言うならば、やろうと思ったことに不協和を感じて止めてしまっていることを止めなくてはいけない。だからしっかり自分の心を整理してもらうことが大事。そうやって内面の調和をとっていくことが外部との調和に繋がっていく。八正道で話すと「正見」というのは「見えた智慧を確認する」という意味がある。心を止めて見る、摩訶止観と同じ。止まらなければ、ありのままは見えない。画像が流れていれば細部は見えない。止まって、心を正しく見る。見えたものを確認する。だから思考も正しくなる。そうやって心の調和を図るようにしていかなければ、また自分を見失ってしまう。心の調和がとれたら明るくなり、周囲に人が集まってくる。明るい空間に、ぎゅうぎゅうになるくらい人が集まって騒がしいだろう。

◆CLOVERホームページ
http://www.smile-clover39.com/
[PR]
by clover_37 | 2012-02-15 11:20 | 気学
1年があっという間に過ぎて、もう師走ですね。

私は仕事もプライベートも楽しいことが多く、とても充実した1年でした。

みなさんはどんな1年になりましたか?

【12月・子月】は「了(終わって)」「一(はじまる)」の意味を持ち、1年をふり返って反省し、翌年に向けて新たに決意を持つための大事な1ヶ月です。

私は九星気学を学び始めて、12月を大切に過ごすようになってから、翌年の目標達成率がアップしたように実感しています。

そんな12月は、全国各地で【2012年の運勢】講座を開催しますので、
ぜひ来年の指針にしてください。

各地の講座の詳細についてはメッセージで受け付けていますので、お気軽にお問い合わせください☆


☆e-mail
kumi_kaise@clover.good.sc

☆クローバーのホームページ
http://www.smile-clover39.com/



■2012年12月の運勢

●天の気・十干(宇宙全体のエネルギー)は【庚・かのえ(金星/陽)】で「改める」「健やか」「更(さら)に」という意味から、12月は政治が改まっていく。しかも「政治」「繰り返し」の意味を持つ【九紫火星(きゅうしかせい)】が西で【暗剣殺】を背負い、さらに本宮である南は【破壊殺】を背負うことから、「繰り返すこと」には破壊・暗剣となる。つまり政治は「改められることで破壊されていく」という意味と、「破壊されることで改まっていく」の2つの意味を含むことになる。12月は選挙があるかもしれない。もし選挙があるとすれば、ここで出てくる総理が来年の【壬(みずのえ)】の気を受けたリーダーだし、今年の【辛(かのと)】の気をうけて大連立の可能性も出てくる。12月は3月と同じ星の並びであるため震災の可能性もあるが、わが国で起こる可能性は低いし、12月は津波の心配はないと見ていい。経済は「さらに」という意味から、全体の景気は冷え込んでいくが、西【庚(かのえ)】に恵方がかかるため、みんながみんな悪くなるというわけではない。新しい時代に向かって世の中が動いている中で、ビジョンがしっかり見えている約3割の者は、不景気のあおりをまったく受けずに儲かっているはずだし、その中から次の時代を担うリーダーがどんどん決まっていく。とくに納音(なっちん)で【天河水(てんかすい)】と【大駅土(だいえきど)】(昭和41年2月4日~昭和45年2月3日生まれ)の人は優れたリーダーシップを発揮し、新しい時代の中核となっていく。だから12月をしのぎ、年明けもこれまで通り事業を継続していて、12月中に組織改革をしたり、事業内容を変更するなど、変化をもたらすような商売の仕方・政治の仕方をするリーダーのいるところは強いということ。そうした良いリーダーの側にいることは、他の者にとってメリットが大きい。

●地の気・十二支(地球のエネルギー)は【子・ね(水性/陽)】で、役割を全うしようとしているもの、人の世話をしている者、何かを終わらせて何かを始めている者、広い範囲で頼感を得ている者、育成し人を集めている者は、常にツキとチャンスをつかんでいく。またそういう者は、いつも自分を省みて改めているし、いいと思われることは何度もやっている。これまで変化に対応しながら自分を作り上げてきて信頼感を得ているタイプか、責任を持つことによって周囲をまとめているタイプか。この2通りのリーダーの下には、ちょっと疲れたような雰囲気だが、とにかく良くしゃべる元気な中年男(26~53歳未満)が必ず集まってくる。そういったフレッシュな中年男が「元気にやりましょう」と声を出して雰囲気を作ることが組織運営には大事。政界でも「あいつ、どうしていたの?」というような人物がリフレッシュして声を出すかもしれない。【子】は「万初」(すべてのはじまり)の意味から、これまでの人生を終わらせて、新しく始めようと心がけている人にとって、12月は良い月となる。ビジョンはなかなか見えないが、見えないなら作ればいい。どうであれ、一旦終わらせることが大事。組織であればこれまでの方向性を終わらせること。それから、12月は旅行するといい。風に乗るという意味から、飛行機に乗るのがいい。お金はかかるが、それをクリア出来るように心がけること。またこれまで人の世話をしてきた人は「元気?」と、全員に連絡をしてみるといい。

●人の気・九星(生命のエネルギー)は【七赤金星・しちせききんせい(金性/陰)】。12月は総論から言うと、稼ぐということよりも人間関係が重要で、基本は自分が楽しむこと、軽い感じで人に声をかけてみることだ。「今」がきつい者にとって、この12月をどう乗り越えるかだが、目算を誤りやすく、トレードは期待できない。七赤は金性で景気は含みとしては強いが、それを実感できる者は少ない。不足と不安を見る者の心はどこまでも暗く、倒産件数は増加する。一方、不満もあるけれど、声を出して楽しんでやる者は強い。



◇一白水星
(S20、29、38、47、56、H2、11、20年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 60点。今月の一白は「変化」を意味する【八白】の上に廻座しているため、変化することがテーマとなるから、何かを止めてみることだ。止めることで終わるものもあるけれど、一方では全然予想もしなかったことが、ものすごいスピードで始まる。もっと言うと、これまでなかなか変えられなかったものに光が差すことになる。それは内面的なことだけでなく、社内の問題や家庭の問題などにも光が射してくる。外からはあまりわからないし、自分もあまり気にしていなかったことで、そんなに困っていたわけではないけれど、何かの折に浮かび上がっては、「これは変えなければならない」と感じることがあると思うが、それを変えるチャンス。一白自身にとっては納得できないことかもしれないが、そこで不満にとらわれるか、メリットを見つける心が身につくかどうか。金銭的には恵まれるが、疲れやすいから気をつけたい。日ごろ負担をかけている家族の体を労ることも重要。



◇ニ黒土星
(S19、28、37、46、55、H1、10、19年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 60点。基本的に浮き沈みがなくフラットな二黒は、他の星と違って衰運に向かうほど調子が良いと感じる。ゆえに12月は波に乗っている感はあるが、調子に乗っていると争いが生じてしまう。もしくは自分のやりたいことが阻害されるか、人のやりたいことを阻害するような場面に出合うかもしれない。これまで育成を心がけてきた二黒であれば協力者が多いから、何かを始めるというときにワッと人が集まりやすい。ただし、二黒は率先して人の中に入っていくことを好まない。けれども今月は人を集めなければならないし、人に愛想をふりまきながら調和を取らないといけない。そのためには、それができる役割と場面に立つのが一番いい。二黒土星はこの12月、忘年会やイベントの幹事をしたい。とくに気遣いが面倒な二黒土星だが、今はノリがいいのだから不満に思わず、自己の拡大に繋がると考えて取り組もう。それが変化に繋がっていく。自分の手足に使うなら、若い女性。満27歳未満の若い女性を束ねられるかどうかがカギとなるから、育てるつもりで若い女性を使ってみよう。趣味を持つのもいい。



◇三碧木星
(S18、27、36、45、54、63、H9、18年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 30点。南東(高運期)よりも北(最衰運期)が過ごしやすい三碧木星。北に落ちると収入面は楽ではないが、基本的に目立ちたがらない三碧にとって、衰運期は心地いいし過ごしやすいはず。ただし、生活が楽かどうかは別の問題で、これまでの人との関わり次第では、生活がきつくなる三碧と、それほどでもない三碧とに分かれると思う。とはいえ、今の不景気のあおりで、三碧の多くは経済的にしんどい。打算的で軽い雰囲気を持つ三碧に、「打算的で軽々しいのはやめろ」と言っても、それでこそ三碧なのだから、やめることはできない。けれども今月は、自分の中で何か大きな脱皮というか大きな蘇生というか、生まれ変わることを決意したい。そのためには何かを終わらせて、何か役割をしっかり果たすといい。「これをやってみようかな」と決意を持つのもいい。そしてその決意には「責任」という条件がついてくる。だから、責任がないものではなく、責任が付随してくるものにトライしてほしい。三碧はもともとフットワークが軽く人から恨みを持たれないし、信用がある星。責任を持つことでその信用が増し、遠くまで届くようになる。



◇四緑木星
(S17、26、35、44、53、H8、17年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 60点。衰運の11月が過ぎて12月に入ると調子は上向きで浮かれがちだが、金銭面は楽ではない。だからここで浮かれずに、地道に古い問題を処理してほしい。それと同時に、もともと四緑は色々なことを気安く引き受けてしまうので、その分ノルマがかかるが、それをこれまでのように途中で投げ出したり、言い訳して逃げたりせずに、最後までやろうと責任持つことが大事。そうすることで四緑に対する信用が増していく。四緑は価値観がガラっと変わることがあり、周りがそれについて行けなくなることがある。四緑は「風」を意味し、風は形を成さないし、つかみどころがない。運気がふくらみ、その場しのぎで思いつくまま、調子のいいことを言ってしまう。落ち込んでいるのかと思って慰めると、逆に説教をされたりするが、これも四緑の特徴。一方、運の強い四緑は軽口をたたかないし安定感がある。困っている人がいても知らないふりをするが、こういう四緑は運が強い。ずるいのではなく、頼まれないことはやらないだけなのだ。風は一人では動けず、扇いでくれる人が要る。これまで責任を持って人を育成してきた四緑は、新しく立ち上げるための準備をしてもいいが、四緑は不思議なくらいビジョンがない。思い込み(妄想)は強いから、その妄想は現実化することもあるが、適当ではなく、しっかり目標を持ってほしい。



◇五黄土星
(S16、25、34、43、52、H7、16年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 80点。五黄も12月は調子が良い分、勘違いから落とし穴にはまりやすい。周囲が五黄のためを思ってするアドバイスに従えず、目標を度外視して自分の都合や目先のやりたいことを通そうとするがゆえに、貧乏くじを引いてしまう。または怒られたくないので、ごまかそうとする。だから、運の悪い五黄はいつまでたっても儲からない。今月は東に出て、こういう悪い癖が出やすい。七赤暗剣殺なので、儲けにはつながらない。五黄の前に来た黄金の船は泥の船だから、メッキが剥がれた瞬間に沈んでいく。「声あって姿なし」なので、根拠のない良い話には乗らないこと。不足の人生から逃げるのではなく、不足を乗り越えた後ろに満足があることを見つけたい。ここに自分の人生を改善点があると知ること……それが智慧なのだ。だから焦ってはダメ。ごまかしたりせず、真面目にまっすぐ正直に歩くこと。これは全員に言えることだが、「新しい自分を作るには五黄を捨てろ」とある。捨てられない者は儲けなし。新しく軋む中で腐りを取っていく者はツキとチャンスに恵まれる。五黄は絶好調だけに、自分の芥(腐る心)を取り除くチャンス。どんな芥かというと、金儲けにつながるうまい話に乗ろうとしたり、自分を変えずに外にあるものを変えようとすること。七赤は「腐敗」の意味があるから、そこを腐らせるチャンスであることに気づき、謙虚に地道に歩きたい。



◇六白金星
(S15、24、33、42、51、60、H6、15年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 60点。運気は強く、言っていることがドンピシャと的を射て結果が出るので、ことさら傲慢になりやすい今月の六白金星。こういうときは危険で、とにかく調和を心がけたい。ものがよく見えるだけに、周囲を見ているとつい欠点を指摘したくなったり、「転ばぬ先の杖」で助言したくなったりするが、ここは苦しくても黙っておく。六白には「公平」という意味があるので基本的に全員に等しく触れるし、えこひいきはしないのが特徴だから、言うならあちこちで指摘をしなければいけない羽目になる。それよりも、こういう運気の強い時は自分のことをきちんとやりたい。それは内面を見つめ直し、作り直すという作業。それは六白にとって苦労なことだと思うが、その苦労は実ると書いてある。「過保護を止めたら人が勝手に育つから、心配しなくていい」と書いてある。「大丈夫。ちょっとくらい転ぶことだってある。完璧な人間なんていないのだから」という大らかさを身につけられるかどうか。六白はどうしても五体満足で歩かせたいけれど、それは本人の経験ですることだから、見守る勇気を身につけたい。だから今月、よく注意したり、ずっと喋ったりしている六白は運が悪い。口を出し、手を出すことが人の世話ではないことを学びたい。そこで動く自分の心を見つめたい。言わないことで溢れてくる心の中に、自分の改善する場所が見えるはず。



◇七赤金星
(S14、23、32、41、50、59、H5、14年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 60点。七赤は中宮に廻座して最大高運気。ただしここが山の頂上で、これから下り坂に向かうため、そろそろ地道に落ち着きたい。ところが山のてっぺんにいるものだから、よく物が見えるし、見えたらどうしても指摘したくなる。この3年間、実績を積んできた分、自分のところに必要なものが集まってくるし鬼に金棒なのだが、疲れもあり、油断していると突然足元をすくわれるので、注意が必要。とはいえ七赤は、無くしたビジョンを取り戻すことが必要な時期でもある。例えば、親が突然亡くなって、大学に行きたかったのに行けなかった、とか、過去に執筆活動をしたかったのに、そんなことはするなと親に止められた、とか。過去において強制的にあきらめざるを得なかった目標がある七赤は、それを思い出すことがツキとチャンスにつながっていく。それは思い出して必ずやれということではなく、思い出してみて、物理的・生理的に無理でなく、できそうな事ならぜひトライしてみたい。



◇八白土星
(S13、22、31、40、49、58、H4、13年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 60点。八白は山の頂上から下りにさしかかり、まだ高運気にあるから、今までの中では一番過ごしやすいと思う。何といっても八白は六白上に廻座するから、ノルマがかかる。必要以上に仕事を請け負うことが多いし、12月はやたら忙しくなるはず。しかも、その請け負う仕事のほとんどが自分の事ではなく、人のためだったり、主人のためだったり、子どもや社員、仲間、地域のためだったりと、役割上のノルマがかかってくる。こまごましたことばかりだが、自分ではない誰のため、何かのためにノルマがかかる。だから、どこまでも主観を捨てて、人の都合に合わせることが大切。土性の星は不満が多いが、もともと八白は山なので、二黒や五黄ほど不満を言わない。やる前は不満を言っても、いざやり始めたら不満をいわずに黙ってやる。そんな八白が、今月は周囲の期待に応えて有言実行することが大事。一方、自分の枠の中で裁断し、確認しない八白、場面の見切りが悪い(空気が読めない)八白は運が弱いがら、周囲の思いを汲み、確認することを心がけよう。



◇九紫火星
(S12、21、30、39、48、57、H3、12年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 30点。九紫にはつらい時代がやってきた。九紫は孤独星だから、パフォーマンスがいいからといって、生活全般がいいとは言えない。運気が下がってもスタンドプレイヤーだから結果は出すが、家庭内がいいかどうかは別になってくるし、この衰運気にそれが顕著に表れる。家庭の影響が仕事にまで波及してダメージを受ける九紫がいる一方で、影響を受けない運の強い九紫は役割をきっちり分けて、家庭に仕事を持ち込まず、仕事に家庭を持ち込まず、見事な仕事をする。だから今月、家庭の問題で仕事に影響が出るようなら、それは普段から家庭内のことをおざなりにしている証拠。仕事のミス、子供の不良化、妻・夫の浮気、家族への八つ当たりなど、衰運でしんどくなってきているところに、思いがけない問題が次々とやってくる。そのピンチを乗り切る最大の方法は、家族で外食したり、カラオケしたり、バーベキューをしたりすることが一番大事。とくに男性は、実家や妻がキーワードになる。女性なら、実家または自分の妻という立場、母という立場、役割がキーワードだ。母行を徹底するか、妻行を徹底するか、または、実家の母、嫁ぎ先の姑との関わりを密にする。きっと、実母か姑のどちらかの過去の願い、期待をつぶしたことがあるはず。それを、九紫は気づいてやるか、聞いてやるか、満たしてやるか、12 月は何かしてやることが大事。


(監修/藤井康夫)
[PR]
by clover_37 | 2011-11-30 18:03 | 気学
●天の気(宇宙のエネルギー)は【己(つちのと)/土性・陰】で「起きあがる」の意味から、何かが立ち上がってくる。3月の震災が、ここへきてやっと復興に向けた具体案が出てくる可能性は大きいし、他にも何か新しいものが起き上がってくる。恵方は【甲(きのえ)】で、バキッと強引に種を割って出る必要がある。種とは何か? それは自分の心の中にある不安だったり、周囲から聞こえてくる反対の声、否定の声だったりするが、その不安の壁や心の悲鳴、周囲の反対を押し切って、強引に出ることができればツキとチャンスに恵まれる。また、立ち上がる者は強引に出てくる。国会でも、もめながら強引に法案を押し通していくことになるだろう。そうした中で、来年2012年の天の気【壬(みずのえ)】を受けて、そろそろ新しいリーダーが出てくるし、反対を押し切ってビジョンへと進む者は、きしみながらも全体を巻き込んでいく。

●地の気・十二支は【亥(い)/水性・陰】で、「核=種」を宿していることを表している。天の気を受けて立ち上がり、押し通していくと同時に、今月は種・孕み(はらみ)を持ちたい。それは時が来たら表に出せる目標・ビジョンで、1つではなく2つくらいあるといい。今月は【巳(み)】に破壊がかかっていて、不満が募っていることを表している。不満にとらわれてビジョンをあきらめるのか、それともビジョンに向かって乗り越えていくのか。変革するためにリーダーは大決断を迫られている。未来に不安を抱き、変革を拒む者は調和が欠けたり、思いがけないトラブルに巻き込まれたりしていくから、ここはひとつ、思い切って断行するしかない。これまでコツコツ準備してきた者、協力者が多い者には吉あり。一方、準備してこなかった者は全部止められる。周囲は不満だらけだが、ビジョンがあり強引に押し通す者は2段構え、3段構えで突き進もう。自分の心の迷いや、変革に対する恐怖心との戦いで、誰しも変化したら窮地に陥るかもしれないという不安を抱えている。ビジョンまで「必ず行く」と「決心」できているかどうか。決心できないものは、まず行き先(ビジョン)を決めよう。組織の中は個人で継続してきたことや古いものを捨てようとすると、長年やってきた者や古株がそれを嫌うが、今月古いものに執着するということは過去に後悔が多く、あきらめが強く、未来に対しても不安が強い証拠。そんな反対を押し切り、未来(ビジョン)を見通した上で、古くなったものを捨てたい。

●人の気は【八白土星(はっぱくどせい)/土性・陽】で、今月は止まるがテーマとなる。今までの停滞感・ダラダラ感が止まり、12月以降の案や方向性が明確になるが、まだ何となく動かない気がする。具体的に動くのは12月以降。土性は「集める」という意味があるので、人によっては種を蒔いた分だけ回収できる場合もあるが、それもこれまでのあり方次第。八白の「貯まる」という意味から、今月収入があれば貯蓄に回すことができる。



◆一白水星
(S20、29、38、47、56、H2、11、20年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 60点。わりと過ごしやすい今月の一白水星。一白らしく優しくソフトに人に触れながら調和を心がけたいし、それはもともと一白にとっては得意分野だから、そんなに難しい修行ではない。気をつけたいのは、調和を取っているようで取れていない状態になっているのではないか、ということ。「自分らしく」で良いから協調性を意識しつつ、飲んで食べて騒いだり、夕飯を家族と楽しんだりする1ヶ月にしよう。忙しいが回収や臨時収入による実入りもあり、それほど疲れも感じない。9月~10月の過ごし方によってはしんどい一白も中にはいるが、基本的に「気」は強くて言うことなしの1ヶ月。周囲が一白を気遣ってくれる。だからなるべくゆったり過ごそう。また、自分がこれまでやってきたことを表に出しやすい月だから、何か計画があれば酒の席などで話してみるといい。


◆二黒土星
(S19、28、37、46、55、H1、10、19年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 70点。衰運ほど調子が良いと感じる二黒土星。基本的には過ごしやすいが、今月は二黒の複雑な精神が波立ちやすい。想定外の出来事に対して、運気が強い分だけ「何で私ばかり」と不満の言葉が止まらなくなる。二黒の特徴上、不満がつのると家族に当たってしまうから、ガマンするのはやめて、早い段階でメンターに処理してもらおう。今月のように本命星が鬼門線上に並ぶとき、二黒・五黄・八白はとくに腐らないことが大切だし、腐ったら早めの処理が必要で、放っておくと収拾がつかなくなる。二黒の場合、不満が噴出して人を傷つけると自己嫌悪に陥り、後になって落ち着いても素直に謝れず、さらに自己嫌悪に陥る。だからそういう時は自分から素直にスッと謝ろう。その課題を乗り越えるには、まず意識的に止まること。そして始める。いま自分がやっていることを全部止めて、見えていない未来(行き先・目標)を自分で決める。止まれば必ず見えてくるし、新しい始まりがある。


◆三碧木星
(S18、27、36、45、54、63、H9、18年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 40点。元気が良く、やる気十分の三碧木星。先天定位に廻座しているので、40点でもけっこう楽に感じるし、意外と誰かが助けてくれる。活動的にどこかへ出かけたり、派手にきらびやかに振舞っていたりするうちに、色々な問題が解決していく。三碧はもともと、お金を稼ぐことに積極的になりにくい星だから、損得勘定抜きで、お金にならない地道なことをやろう。身軽に動くことで今までの人間関係が深まり、信頼が増していく。なんとなく急かされるようで落ち着きがなく、焦りが生じるが、その焦りに便乗して表へ出ることで新しい出会いがある。誰かが扉を開けてくれることで、新しいコネクションができる。出かけるとよくしゃべるが、今月は知性が必要とされるので、学んだことを伝えてみるといい(法施)。また新聞のコラムなどにも目を通し、時勢に合わせて話してみるのもいいだろう。


◆四緑木星
(S17、26、35、44、53、62、H8、17年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 30点。6~9月にかけて仕事も忙しく、勘違いの調子の良さでここまできた四緑だが、北で衰運となる今月はしんどい。9月に改善し、10月でビジョンをきっちり持つ必要があったのに、改善してこなかった四緑は、立てた計画が少しずつ立ち消えていく。最悪の場合、出資したお金を持ち逃げされたり、バテ気味になったりする。だからこそ今月は自分をいったん捨てて「新しい自分」になると決心したい。四緑ほど不満が多く、条件に振り回される星はない。都合のいいことだけがメリットではなく、不都合の中にある救いを探すことがメリットなのだが、どうもピンとこない。わかったといいながら、ぜんぜん違うところで一人合点してしまう。そうかと思えば、1を聞いて10気づくこともあるが、それで油断していたらまったくとんちんかんになる。今月はもがいて何かに手を出さず、捨てる、やめるが大事。一番捨てたいのは無責任さだ。気分のいいときはやる、悪くなったらスルっとかわすのはやめて、最後まで遣り通せるよう自分を変えていこう。一方、逃げず、人のせいにしない四緑や、責任を負うと決めた四緑は無敵。


◆五黄土星
(S16、25、34、43、52、61、H7、16年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 100点。今月のテーマは1つだけ。勢いがあっても調子に乗らず、遊び歩かず、いったん変化する。「よし、変わるぞ!」と準備を始める。どういう自分になりたいか明確に決めて変わるには、今月はビッグチャス。ファッションを変えてもいいし、家計簿をつけて貯蓄していこうと決めてもいい。ビジネスをやってみようと決めてもいいし、何かイベントで人を喜ばせて一時的にお金を稼ごうとしてもいい。何をやってもいい。五黄にとってはチャンスの1ヶ月。もともと五黄は自分の考え方に対する同調者が意外と多いため、「自分が変化する」ということをもっとも苦手とする。付き合いは浅いが、「そうだよね」と自分を評価し支えてくれる人が多いし、そのままで許されるタイプ。だから何となく変えにくいし、自分の雰囲気を自分で勝手に固定し、これでいいと突っ張ってしまう。その五黄が、今月は「今までと違うことをやってみよう!」と決めて、慌てずきちんと準備したい。金銭的に苦しんでいる五黄土星ほどトライしてみるべき。 蓄えを始めて、人生を切り替えるチャンスがきている。 


◆六白金星
(S15、24、33、42、51、60、H6、15年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 80点。高運期ゆえに自制できず、傲慢さが出てしまう今月の六白金星。きしみが多く、思い通りにいかないことにイライラするし、調子に乗って前に出たら叩かれる。そんな六白に何が重要かというと、自分の『心の扉』を強引に開くことだ。自分の中で処理しきれないものや、こだわりを乗り越えたい。たとえば苦手なスピーチを引き受けてみる、嫌いな人に声をかけてみるなど、不得意だからいい訳ばかりして逃げていることにトライすることで、心から影を打ち消したい。それは華やかで人前に出るようなことが多い。存在は目立つ六白だが、実は華やかなこと、アクティブなことは苦手で、「地味」は六白のためにあるような言葉である。地味ゆえに目的を持たない六白は本当につまらないし面白みもない。その六白が殻を割れば新しい世界に扉が開く。「そういう人だったのね」といわれたら合格で、これまでとは違う人間関係が生まれる。六白は意外と自分の得意な人種を傍に置きたがる。それが伝わって距離を置いていた人たちが、親近感を覚えてアクセスしてくる。


◆七赤金星
(S14、23、32、41、50、59、H5、14年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 80点。今月の七赤は調子がいいので、行け行けどんどんで目標に向かって進みたい。ただし一番問題なのは、調子に乗り過ぎてつい軽口を叩いてしまうことだ。七赤は人のいじり方が下手で、そのことで人を傷つけて誤解を生んでしまうし、そのせいで自分の目的が破壊されてしまうこともある。とくに相手のやる気を損なわせたり、相手の目的をつぶしたりせぬよう要注意。いつも言葉の失敗で金銭的な損失をこうむるから、今月はそこさえ気をつければいい。七赤のすごさは、苦労を乗り越えてきた力。そのぶん、人の苦労がわかるのが七赤のすごいところなのに、それを忘れて毒を吐くからいけない。天狗になれば、必ず足元をすくわれるのだ。絶好調の時ほど暴言を吐きやすいし、しんどいときは比較的謙虚だが、またすぐ調子に乗ってしまう。そこに気づいて改めれば、七赤にも良い人材が見つかる。今月は過去に失敗したことを乗り越えるチャンス。七赤は過去、言葉の失敗で失った信用や名誉を、ぜひとも挽回しよう。


◆八白土星
(S13、22、31、40、49、58、H4、13年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 90点。今月の八白は久々にいいが、弱点が一つある。八白は「山」を意味する星で、運の悪い八白ほど目立ちたいし、地道にできないし、人を育てること、人に関わることを嫌う。また好きなことなら寝ずにでもやるのに、地道に歩いて自分の限界を超えるのが下手で、周りから押し上げてもらうしかないが(隆起)、高運期でつい調子に乗ってしまいやすい。今月はとにかく謙虚に人のために尽くし、地道さを徹底的に意識すること。そうすると周囲に八白を目指す人が集まってくる。今月はそのコツをつかめるかどうかがカギとなる。これに失敗すると計画していたことが止まったり邪魔が入ったり、当てにしていた収入は入らなかったりする。本当は調子がいいはずなのに、周囲のために生きてこなかった八白は誰も守ってくれないし、やることが山積みで忙しく、自分だけがグダグダな状態に陥っていく。それは要(かなめ)がきいていない証拠。チャンスは今なので、どこまで人のために働き、人のために心を遣い、人の世話ができるかだ。


◆九紫火星
(S12、21、30、39、48、57、H3、12年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 100点。絶好調で何をやってもうまく行くときだから、スタンドプレーにならないように、また人を人とも思わない傲慢さを出さないように歩きたい。心に何か種(希望・目標)を宿したいが、それはこれからの衰運期が終わって高運期に入ったときに『こうしよう』と行き先を決めること。そうやって目標を心がけても、火花が飛び、争いが生じる。それはすべて、自分の傲慢さとスタンドプレーから来ると自覚しよう。だからこそ、運気が強いときは頭を下げる。しかし九紫は運気が良くても悪くても、常に頭を下げないといけない。リーダーや親分をどれくらい立てられるかが重要。自分の手柄ではなく、親分の評価を上げられるだけの手柄を立てる九紫は良いサブリーダーになるし、大きな責任を任せられるはず。本当に前に立てる時が来るかどうか。だから、前に立つためには謙虚でないとどうにもならない。あとは思いっきりやる。人に頼むときには顔から作る。セリフの棒読みは厳禁。情緒を高めるためには人に触れ、人を通して自分の心をたくさん見たい。今月「面倒くさい」はナシ。

(監修/藤井康夫)


◇お問い合わせ
kumi_kaise@clover.good.sc
[PR]
by clover_37 | 2011-11-02 01:15 | 気学

□全体運

天の気(宇宙のエネルギー)は【戊(つちのえ/土性・陽】、地の気(地球のエネルギー)は【戌(いぬ/土性/陽)】で、どちらも「茂」と「滅」につながり、心の問題で余分なものが取れなければ滅していくことを表している。人の気(生命のエネルギー)は【九紫火星(きゅうしかせい/火性/陰)】で「くり返し」「2度」を表しているので、9月に夢や目標をあきらめなかった人は、夢や目標が茂っていくし、あきらめた人はあきらめが茂っていく。目標が見えているか、もしくは自分の人生の先行きが見通せている人は、闇(影・マイナス・不足不満・不安・あきらめを見る心の癖)から自力で這い出てくるし、自分を変化させるために、何か具体的な行動を起こしているはずで、そうやって気持ちが前向きな人は周囲から引き立ててもらえるなどチャンスは多い。一方、これまでの自分を終わらせることができず、毎日陰ばかり見ている人や、自分の人生をいつも誰かのせい、何かのせいにしている人は争いが多く、大切な人が離れていくし、願いが形になるまでには時間がかかることを知っておきたい。今月、目標がある者はよく人の世話をするが、逆に目標のない者が人の世話をすることで生きがいが見つかる場合もある。ここはひとつ自分のこだわりやわがまま、都合を捨てて、家族のため、周囲のために苦労を選び、世話をしてみたい。そうすることで人生が発展していく。


◆一白水星 (S20、29、38、47、56、H2、11、20年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 40点。これまで好調に歩いてきたが、運気が弱くなっているときに少しペースを落とすのが運の強さだから、ここで少し休みたい。物を作り上げていくことは大切だが、これから何かを成し遂げなければいけないと思うなら、あえてペースダウンしておくこと。それと同時に、すべのトラブルや不始末の責任は自分にあると受け止めよう。結果が出ても評価されないけれど、責任は全て負うと腹をくくっておくこと。ペースダウンしたくても、一白に対する期待感が周囲にあるから、かえって忙しくなる。その中でブレーキをかけるような気分で、何でも引き受けずに整理しよう。意外と先を見るのが下手で、出たとこ勝負になりがちな一白だが、自分で決めた目標には必ず到達できるし、決めたらルートが見えるはず。自分が目標としていることに光がさしてくることもある。基本的に楽しい1ヶ月となるから、食事会や飲み会でワイワイさわぐのもいいだろう。


◆ニ黒土星 (S19、28、37、46、55、H1、10、19年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 80点。今月は周囲から期待されて役割が回ってきたり、ノルマがかかったりする。元々「やらねばならない」という気持ちが強い二黒は、自分で自分の首を絞める可能性があるが、それはこれまでも通ってきた道だし、運気も強いのだから、ブツブツ文句を言いながらもやってみたらいい。金銭的にも恵まれている。ただ、どうしても不満が出てしまうから、不満が多い分だけ支払いが増えたり、歯痛や口内炎に悩まされたりする。役がつくということは、二黒の堅実さが評価されているということなのだから、不満を見ずに「評価されている」を見たい。今月、外のことにしっかり取り組めば家の問題は消えていく。また他人を喜ばせるために自分の身を使っていくことで個人的に抱えていた問題は消えていく。二黒は遠く(目標)を見て歩くのが苦手だから、意識して「ここへ行こう」と出口(目標)を決めて行くといい。それができないから、その日暮らし的になる。遠くを見るから楽になるし、元気と地道さが出てくる。これは二黒の永遠のテーマでもあるから、ぜひ今月身につけよう。


◆三碧木星 (S18、27、36、45、54、63、H9、18年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 40点。過ごしやすいし、自分のやりたいことが表に出せる今月の三碧木星。やりたいと思っていたことが、知恵の輪のはずし方がわかったように「こうすればいいんだ」とわかってくる。曖昧だったり、ブレやすかった目標がハッキリ見えるし、自分の中で確たるものになる。それが見えたら即、手をつけてスタートしたい。その「やりたいこと」は楽しみの中から見つかるが、何となく楽しむことが上手くない三碧は、楽しみの場で積極性を求められると意外と積極的になれないし、自分の気に入った人にだけ気遣いしてしまう。が、ここはひとつ積極的に前に出てほしい。積極的に飲んだり騒いだりしているときに、何をどう表に出していくかが明らかになってくる。これまでやってこなかったことを乗り越え、クリアにするチャンスだし、今月見えてくるものは人生に直結していく。それでも、どう表に出したらいいかわからない三碧は、ファッションをお洒落なものに変えてみるといい。それで出し方がわかってくる場合もある。


◆四緑木星 (S17、26、35、44、53、62、H8、17年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 40点。調子が良くカンも冴える今月の四緑。これまで地道に自己改革を進めてきた四緑であれば、道が開けて先が見えてくるしチャンスにも恵まれる。一方、自分を変えてこなかった四緑は、これまでわがままで人を傷つけてきた分だけ、思いがけないトラブルに巻き込まれるし、そのトラブルは長引くことになる。今月、予定していたものが止まり始めたら、それは間違いなく、これまでに人の期待や信用を裏切り、人と争ってきたことが原因である。逆に、人の信頼を裏切らず、自分が責任を持って表に立つということをしてきた四緑には道が開ける。それはこれまでの争いや人の信頼を裏切ってきたことを悔い改めてきた四緑に関してのみ言える。変化の苦手な四緑が、どこまで自分を省みることが出来るか。 それとも自分は間違っていないと言い張り、カンを突き通すのか。これが四緑の分かれ道である。また恵方に天道まで背負っているのに40点ということは 謙虚になれということ。調子がいい上にカンが冴えるものだから、ごうまんになりやすいし、ごうまんになると出てくる言葉は人を軋ませてしまうから、どこまでも謙虚に歩きたい。


◆五黄土星 (S16、25、34、43、52、61、H7、16年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 60点。衰運にもかかわらず60%の強さがあるのに、なぜか調子がよくない今月の五黄。その原因は過去の実績(これまでやってきたこと)をなかなか捨てられず、人を立てられず、つい自分が前に出てしまうからだ。そんな自分を捨てられるか捨てられないか、のり超えられるかのり超えられないかの瀬戸際であるが、すべてはビジョンにかかっている。 今月は衰運に落ちているから意外と知性が役に立たない。どこまで立場を捨て、過去を捨て、とらわれを捨てることができるか、そこにかかってくる。伸びている五黄でも、次のステップにあがるために、あえて全部捨てたい。北(衰運)にいるときは全部捨てること。9月に調子よくカンが冴えているから、余計に捨てにくい。南のカンと調子のよさを捨てられるかどうかが、将来稼げるか稼げないかの瀬戸際であると知っておきたい。自分を捨てられるか捨てられないかにかかっている。9月にやりたい放題だった五黄は、とくに今月はしんどい。余分なものを捨てて謙虚になるから茂っていくことを、手づかみにしたい1ヶ月である。


◆六白金星 (S15、24、33、42、51、60、H6、15年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 90点。六白は久しぶりの高い運気だが、調子のいい六白と、そうでない六白の二極に分かれる。前者は北東→南→北と衰運期を抜ける間に弱点をそぎ落とし、心作りをして自己改革してきたので、きっちり準備が整って新しいスタートを切ることができるし、その心に焦りは一切ない。急に動くには体が冷えているため、ウォーミングアップみたいな感じでゆっくりやるのがちょうどいい。調子に乗ってガンガンいくと周囲がついて来られないから、極力抑え気味でいいし、周囲から見たら動いていることがまったく見えないくらいだと、非常に運が強い六白といえる。一方、後者は衰運の間、高運期が来るのを待ち構えていて、衰運期から早く抜けたくて、それに一途だった。きっと我慢してきた思いや焦りが強く、改革が遅れてしまったので、準備が整わず始めることができない。さらに運気の強さからはやる心を抑えられずにいると、大雑把に動くから目立つし、後で転ぶことになる。どれだけ自分をセーブし待てるかどうか。待てば見えてくるものがあるし、待っている間に目標に近づいていくはず。


◆七赤金星 (S14、23、32、41、50、59、H5、14年の2/4~翌年2/3生まれの人)
 60点。東に出てきてよく喋る今月の七赤。本宮の対中に廻座し、「ここさえ埋まれば」という不足分を、全部自分で埋めることができるし、そのためによく動いているはず。そのスピードは人がついて行けないくらい早くて、どこに行ったのかわからないくらいの状況がいい。ただ、七赤の一番の弱点は地味なことができないこと。 ハイパフォーマンスを見せる力は持っているけども、細かい地味なことをやらない七赤は、何か不都合から逃げている可能性がある。だから七赤のほうから「今、何をしているのか、どこに向かっているのか」ということを言い始めると地道にできていることがわかるし、やっていない七赤は適当なことを言っているはず。それからこの10月、七赤は実入りが期待できる。ひょっとしたら新規事業の話が出るかもしれないが、すぐにお金を都合つけずにちょっと待ちたい。七赤はメリットを見つけるのがうまくて人をほめ、やる気にさせるのもうまいから、地味なことさえやれば強いことに気づきたい。とくに今月は人に振らず、自分で処理すること。自分で処理できるなら、それは目標がきちんと見えている証拠。


◆八白土星 (S13、22、31、40、49、58、H4、13年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 60点。本来「山」の意味を持つ八白が、今月は動きたくなるが、それはうまくない。山が動くことはないし、動いてはいけない山が動くと、周囲に迷惑をかけてしまう。 だから自分から動くのではなく「あの山に登りたい、あんな風になりたい」と周囲から憧れられる存在にならないといけない。 評価されたい思いが強いうちは、心が幼いことを自覚したい。これまでどんな下積みをしてきたのか。これまで人を押し上げ、立てることをしてきたのかどうかを評価される。それが周囲から押し上げられるかどうかにつながるのだ。信頼を勝ち取るには、止まるしかない。圧縮するしかない。それができなければ、ないものを追い求めていることになるし、最後には全部壊れてしまう。一方、止まることができれば堅実性を得て、中へ中へとエネルギーを溜められる。メリットを見つける力が増す。とにかく人と良く関わること。地道にコツコツは苦手だが、すぐ結果を欲しがることをせず、今やったことが次に繋がるように、じわりじわりと時間をかけて自分作りをしていこう。


◆九紫火星 (S12、21、30、39、48、57、H3、12年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 100点。調子が良い分だけ、どうしても暴君になりやすい今月の九紫火星。今月は調和を取ろうと意識するより、余計なことを喋らずに、言われた事は「わかりました」と即答し、身を挺してやり続けることが大事。そうやって、地道に準備を整えていく必要がある。運気が強い分だけ影響力は強く、仕事はスムーズに進むが、スムーズであるがゆえに暴君にならないよう気をつけよう。ついつい言葉で失敗して、周囲から傲慢だと言われると腐ってしまう。だからこそ、謙虚に勤め、やるべきことを黙ってやろう。本来九紫はフットワークが軽く、スタンドプレーがうまい。能力も高いから、自分で踏ん張り、一人で結果を出していく。そんな九紫だが、今月はき上げてもらうことが大切。みんなに先に歩いてもらうためには、沢山の人に関わっていくこと。そうすることで周りから引き上げてもらえる。 とにかく関わる数を増やしていこう。

(監修/藤井康夫)


☆お問い合わせ
kumi_kaise@clover.good.sc
[PR]
by clover_37 | 2011-09-26 15:14 | 気学

2011年6月の運勢

●天の気(宇宙のエネルギー)は【甲(きのえ)/木性・陽(+)】で、種子が堅い殻をバキっと割って芽を出した姿を現している。なので6月は周囲の反対を押し切って、もしくは自分自身の中にある不安という殻をバキっと割って、何か新しいことをスタートしたい。震災の影響もあって景気は全体的に低迷しているが、ここ数年の間に自分の心と人生を建て直し、しっかり準備してきた者は5~6月にステップアップのチャンスをつかむ者も出てくる。何か始めようとすれば、資金やスケジュールなど物理的な問題や困難が浮上してくるが、それを強引に打ち破っていきたい。そのためには派手でないこと……地味なことを数多く、コツコツと素早くやっていくこと。一方、これまで準備してこなかった者には突破していく力はないから、まずは地道に歩けるよう、しっかり心作りしようと決心することから始めよう。

●地の気(地球のエネルギー)は 【午(うま)/火性・陽(+)】で、【午】は「忤(さから)う」に通じる。何に忤うかといえば「変化に忤う」とあるので、今月は「こうする!」という強い決心を持って、今の弱い自分に忤い、変化していきたい。そのためにはしっかりビジョン(目標・行き先)が定まっているかどうかが重要になるので、1年の折り返し地点に立つ今月、もう一度しっかり自分自身やグループ、組織の目標・行き先を確認しよう。【戌(いぬ)】に「三合」とあるから、枝についた余分な葉っぱ(自分の弱点・欠点・不足・不満・不安・焦り・矛盾)をうまくとることができたら「茂」(変化・発展)となるが、取り除くことができなければ「滅」(失敗・滅亡)となるから、まずは「自分を変化させよう」と決心し、できない心を強引に打ち破っていきたい。何かから離れたくなったり、やめたくなったときは要注意。なぜそれ(人や組織)から離れたいのか。そこに自分の弱点を知るためのカギがあるから、早めにメンターに相談しよう。

●人の気は【四緑木星(しろくもくせい)/木性・陰(-)】で、今月は信用を勝ち取る人と、信用を失う人が出てくる。信用を勝ち取るのは、変化することを楽しみ、自分の中の腐り(あきらめ・不安)をきちんと処理している人。ただし、その処理は目上の人やメンターにしてもらう必要があり、自分で処理するのはどこまでも主観や我(欲)を強めて目標から遠ざかってしまうので注意したい。また今月は地道にやることが大事で、遅く見えるその歩みが実は一番近道で、地道を嫌って近道しようとすればするほどトラブルや問題が起きてくる。焦りがあるときに来たうまい話は詐欺の可能性があるから、5月後半~6月に来た話なら断って正解。6月の争いは勝ち負けがなく、勝利者はいないから避けること。新しい出会いは、できれば7月のアポイントをとりたい。



◆一白水星 (S20、29、38、47、56、H2、11、20年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 50点。5月は比較的に穏やかに過ごせたし、6月からは高運期に入っていくので、これまた過ごしやすいが、油断していると足元をすくわれるので注意したい。過ごしやすいからといって惰性になってしまうと周囲の願いや希望が見えず、行き違いが生じて責められるようなことが起きてくる。6月は比較的心に余裕があるから、周囲の人たちがいったいどこに向かおうとしているのか、どういう状態なのかをうまくとらえて対応しよう。もし周囲に自分を合わせて調和させることができれば即、収入増につながっていくし、どんどん楽しくなっていく。


◆ニ黒土星 (S19、28、37、46、55、H1、10、19年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 90点。先月から高運期に入っているが、高運期ほど衰運に感じてしまうのが二黒土星の特徴であり、今月は苦労が多く、そのために不満が増大する可能性がある。何らかの役割……会長などリーダー的な役割が回ってきて、断り切れずに責任を負うことになるが、そのせいでついつい不満が口を突いて出たり、嫌な顔をしてしまう。とくに自分よりも年下の世話をする機会が増えるから軋(きし)みも多いが、面倒でもガマンして世話をしてやること。そうすることで割れなかったカラを割り、高運期の気と自分自身を調和させることができるし、自分の手足となって動いてくれる者が現れてくる。


◆三碧木星 (S18、27、36、45、54、63、H9、18年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 60点。高運期で勢いがあるが、それと同時に不安定さもあり、そんなに強いとは言えない今月の三碧木星。片足で橋の欄干に立つような不安定さが、人間関係や信頼関係にいつもついて回ってしまう。坂道を登ろうとしても、うまくいかず悶々とするが、そんなときは焦らず地道にやること。もともと三碧は地道にコツコツできるタイプなのだから、そういう風に自分を調整し、目の前の状況に合わせていこう。すると上下に人材が現れて協力してくれる。上にいる者は頼り甲斐があるし、下の者は後からしっかり支えてくれる。一方、くれぐれも無責任なことはしないよう心がけること。


◆四緑木星 (S17、26、35、44、53、62、H8、17年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 70点。何か新しいことに取り組もうとしている四緑木星。それは決して好きなことではないが、意外と自分に向いている。本来、四緑に足りないのは責任感なのだが、何か大きなメリットがあって、今回は責任を持つようなことを始めているはず。ただ四緑はもともと責任を嫌うし、責任を負わされて、これまで同様また逃げ出す可能性がある。口八丁手八丁で責任を回避しようとして、「嘘をついているのでは?」とか、「だまされた」などと言われることのないようにしたい。今はメリットが見えているから、さほど重責とは感じないが、矢面に立たされたときにどう反応するか。近年まれにみる高運期だけに、責任を回避することなく受けることができれば、これまで乗り越えられなかったものを乗り越えることができる。


◆五黄土星 (S16、25、34、43、52、61、H7、16年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 40点。うまく物事が運ばず停滞感が募るが、ここが五黄土星の正念場。現時点で信頼のおける仲間や後輩が周囲にどれだけ残っているかがポイントになる。今まではアクの強い五黄がトップダウン的にやってきたが、押さえつけてしまうと信頼関係は築けないし、もし周囲の気持ちをうまく汲み取ることができれば、それがそのまま能力として身についていき、協力者や応援者が山ほど現れてくるようになる。まさに6月は勝負どころで、とくに五黄はそういうポジションに座るよう声(スカウト・お誘い)がかかる。それは天の導きであり、幸せへのエスカレーターに乗るようなもので、人によっては収入的に一発逆転する内容に出会うことになる。


◆六白金星 (S15、24、33、42、51、60、H6、15年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 50点。今月は衰運の入り口に立ち、六白が一番苦手な状況がやってくる。体がだるくて今やっていることをやめたくなったり、全部自分の責任とわかっていても、その責任を持つのが面倒に感じてしまったり。感謝されるべきシチュエーションで感謝されないと、ついつい不満を感じてしまうこともある。そんなときは無理をせずに遊んで発散するのがいい。アウトドアはとくにオススメで、出不肖の六白は今月をしのぐのは大変だろう。カラオケに行くもよし、家族とディナーや旅行に行くもよし。仲間とワイワイしてもいいから、とにかく人から離れないこと。すると徐々に楽になっていく。自分の中の腐り(あきらめ・不足・不満)を取り、これまでの自分を乗り越えられたら、目標に向かって大きく前進できる。


◆七赤金星 (S14、23、32、41、50、59、H5、14年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 80点。北東に廻座して、今月の七赤金星はずいぶん調子がいい。心作りしながら一所懸命に歩いてきた七赤は、その歩みが正しければ誰かに見い出してもらえる。七赤は四緑のように逃げることはないが、何せ責任の負い方が下手だし、そんな七赤に今月は大きなノルマがかかってくる。その昔、自分を見出してくれた人なのか家族なのかは不明だが、誰かの期待がかかったとき、十分に責任を果たせなかった記憶があるはず。今回こそは、そのノルマをしっかり果たそう。すると新しい舞台が用意され、変化していくことができる。自分の過去と決別し、作り直したい人には、今月は大きなチャンスとなる。


◆八白土星 (S13、22、31、40、49、58、H4、13年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 70点。強い光を受けてカンが冴え渡る今月の八白土星。運気が強いだけに傲慢になったり調子に乗ったりしやすいから、そこだけしっかり心がけよう。今月は相手を喜ばせることだけを意識したい。気をつけ過ぎるくらい気をつけて謙虚に振舞いたい。そもそも八白の男は軽く見られやすいし、女は生意気に見られてしまう。今月はものがよく見えるから、メンタリングも鑑定も的を外さない。一方、相手を小ばかにするような言葉が口から出てしまったら止められない。普段から抱えている自分への不足。相手を自分の思い通りにしたい心。社員やスタッフが動かないことへの不満。その心が、無意識にさからう言葉を使ってしまう。今月は陰に回って縁の下の力持ちを実践しよう。


◆九紫火星 (S12、21、30、39、48、57、H3、12年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 60点。北に廻座して、今月はやる気がいま一つ出ない九紫火星。あがけばあがくほど状況は悪くなっていくから、ここは焦らずに行きたい。ゆっくりすごしてみることで、これまでの自分を終わらせて新しい自分を始めることができる(【子】)。チェンジ(変化)がテーマとなっているから、今月アファはもちろん、思考の組み立て方を片端から全部書き出してみて、何か違和感があったら修正しよう。2ヶ月続けてチャンスだから、5月・6月とゆっくりやること。そうした中で、きっと新しい始まりと新しい信頼が生まれる。来月のアポを取る。1ヶ月間延びさせることが必要。

(監修/藤井康夫)


■お問い合わせ
kumi_kaise@clover.good.sc
[PR]
by clover_37 | 2011-05-12 06:08 | 気学

2011年5月の運勢 


●天の気(宇宙のエネルギー)は【癸(みずのと)/水性・陰】で、農作機具が立てかけてある姿を表している。百姓一揆の「揆」にも通じ、「一揆」は暴徒を意味するし、「揆一」と書くとリーダーシップを意味することから、5月は物事をつらぬけばリーダーシップを発揮して目標達成へと向かうことができるし、あいまいになると潰されてしまうことになる。リーダーはある程度強引さが必要な時期で、あいまいなら空中分解する。天の気【癸】に従って、貫き通せるか、通せないか。恵方は【丙(ひのえ)】なので、現状がどうであれ決してあきらめず、目標(行き先)がちゃんと見えていることが重要。しっかりビジョンが見えていて、「あそこへ行く」と目標を目指して歩く人は「揆一」となり、困難を乗り越えていく。

●地の気・十二支は 【巳(み)/火性・陰】で、【巳】は「実(つぼみ)」を表している。今月、勢いはあるのに、まだまだ「未完成」の状態であることが重要で、結果を急ぐあまり、焦って無理に形を整えようとしないことがカギとなる。今はつぼみのままで構わないし、それは蒔くべきときに種を蒔いて育ててきた結果であり、その歩みは正しかったことを示している。目標を持って歩いてきたら必ずこの形になるはずで、いずれ宝(目標・利益)に手が届くから、事業なら将来的に実利につながっていくし、そのためにすでに新しいパートナーとタッグを組んでいる場合もある。一方、頭で考えるばかりで何も行動を起こしてこなかった者は、今はどうすることもできない。しっかり心の処理をしながら、次に種を蒔く時期を待ちたい。

●人の気は【五黄土星(ごおうどせい)/土性・陰陽なし】で、「物事を集めていく」という意味があり、金銭的な動きに注目が集まる月といえる。明確なビジョンを持ち、人とタッグを組み、確固たる「信」がありながら未完成である者・企業は、今なすべきことや役割が明確になってきているはず。また、それを実行動に移すための環境が整っているはずだから、自分たちの役割やなすべきことをしっかり果たしていきたい。一方、4月のテーマであった「与える力」「布施(感謝の心で出す)」を実践できなかった者は「不足・不満」の種を取り除くことができなかったわけだから、今月もう一度、なすべきことや役割をしっかり果たすことで、その種を取り除いていくこと。



◆一白水星
(S20、29、38、47、56、H2、11、20年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 50点。今月、自分の本拠地に戻った一白水星。衰運ながら穏やかで過ごしやすいが、天の気【癸】の影響受けて矛盾も生じやすい。その矛盾を乗り越えるためには、苦手に感じながらも育成に力を入れることが重要で、リーダーシップを発揮して明るく優しく触れてやれば、周囲には若い男女がたくさん集まってくる。若いだけに焦りがあるが、それにあおられて焦らないこと。一緒になってハッスルしてしまうと、依存と期待で若い者がつぶれていくから、まずは落ち着かせて、慌てずゆったり関わってみよう。リーダーシップとは責任を取るということ。やらせてみて、責任は自分で取ると腹を決めよう。任せたはものの、なかなか上手くいかずに軋みが生じたら、その歩みは正しいと見ていい。



◆二黒土星
(S19、28、37、46、55、H1、10、19年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 90点。今月から衰運を抜けて高運期に入る二黒土星。だが衰運期に調子が良いと感じ、高運期は不調に感じる二黒だけに、調子はイマイチでむしろきつく感じるし、そのため体調を壊す可能性もある。二黒はグズグズ言いながらもやるし、苦労に飛び込む力もあるが、たった一つの不足・不満が原因で、全部が不足・不満に感じてしまい、なかなか闇から抜け出せない。これまで目標を持ってしっかり歩いてきた二黒なら、不足の裏にあるメリットを見つけてトンネルを抜け、これまでの人生に区切りをつけて新しいスタートを切ることができるし、だんだん楽しくなってくる。また今月、やってみたかったことに手をつけるための準備を始めるには最適。



◆三碧木星
(S18、27、36、45、54、63、H9、18年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 80点。先月に引き続き、元気の良い三碧木星。今月元気な三碧はこれまで心を鍛えてきた証拠で、その元気は本物と言っていい。これまでの人生を終わらせて、新しい人生をスタートさせると決心した三碧には、先々月あたりから諸問題が生じているが、調子に乗らず地道に乗り越えよう。もともと長いスパンでものを見ることが苦手な三碧が、謙虚に地道に歩くことができれば「あなたについていく」と言ってくれる人物が出てくるし、それは目標が明確になってきた証拠でもある。過去に矢面に立たされて恥をかいたり、痛い目を見たことのある三碧にはとても勇気のいることだが、今月は責任を取る覚悟で地道にやって信用を勝ち取りたい。



◆四緑木星
(S17、26、35、44、53、62、H8、17年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 60点。調子は良いが、その調子に乗って宇宙人ぶりを炸裂し、言葉の問題が生じやすい今月の四緑木星。責任を背負わされて「何で私ばかり」と不満や愚痴をこぼしたくなるような状況になれば、それは自分を変化させる大きなチャンスなのだが、そうなると四緑は逃げたがるし、そのためにわざと信用を失うようなことをしてしまう。今月は「責任を取るぞ」「最後までやりぬくぞ」と決心したいし、その腹さえ決まってしまえば見栄えはよくなり、それに惹かれてたくさんの人が集まり、巨大な人脈を作り上げていく。高をくくると損なので、きっちり道理を踏まえて物事に対応すること。



◆五黄土星
(S16、25、34、43、52、61、H7、16年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 90点。中宮で運気は強いが、逃げ腰で腐りやすい五黄土星。自分が暗い分、道連れを作ろうとするとうまくない。明るいことと喋ることは違う。とくに男の五黄はあまり喋らなくていいから、誠意を持って人に関わること。よくしゃべって咀嚼(そしゃく)しすぎる五黄はズレているが、誠実にやっているなら結果も出ているし口数も少なく、たくさんの仲間の応援がもらえているはず。また儲け話や臨時収入の話がきたら要注意。自分の中に焦りがあれば騙される可能性があるし、焦りがなければそのような話は来ないから、儲け話には乗らないこと。もし儲け話に乗ったり、強引に金に絡むことをしたりすると、安定収入や信用を失うことにもなるので気をつけること。



◆六白金星
(S15、24、33、42、51、60、H6、15年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 80点。北西に廻座し、スカウトの声がかかる可能性のある今月の六白金星。やらなければいけないことやリーダーシップを発揮しなければならない状況が多く、そのことでストレスや矛盾が生じやすいが、それを苦に感じて逃げてしまうとうまくない。方法論を求めてセミナーや書籍に依存してみても、そこに自分の欲しい答えはないことを知っておこう。乗り越えたかったら方法は一つ。それは逃げずに苦に立ち向かうこと。高運気にありながらイマイチなのは、変化を嫌って逃げたい心があるからだと認知し、変化しようと決心するしかない。また人の良いところ見つけて褒め、喜ばせることも今月の開運ポイントである。



◆七赤金星
(S14、23、32、41、50、59、H5、14年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 80点。持ち前の調子の良さで走ってきたが、若干疲れが出てくる今月の七赤金星。ここは急がず焦らず、いったん止まってゆっくり休みたい。何でもかんでもがんばって動き回ればいいというものではないし、今月は休むことで健やかさを取り戻したい。しかし七赤は「自分がやらなきゃ」とノルマを感じるために立ち止まることができない。そのノルマを感じたままでいいから、とにかく休んで心身のバランスを取ろう。とくに時計が壊れたり、遅れたりするのは赤信号で、以前のように無理をして体を壊す一歩手前なのだ。立ち止まれば陰に隠れた人の思いが見えたり、生きがいに感じてきたものを再確認することができる。疲れたら止まって、食べたり飲んだり騒いだりして乗り切ろう。



◆八白土星
(S13、22、31、40、49、58、H4、13年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 90点。運気は強く、本領を発揮できる今月の八白土星。今月、土星の星はみんなそうだが、周囲を見回せばいつもたくさんの仲間に囲まれている。支えてくれる仲間、ついてきてくれる仲間がたくさんいるのだから、今月は和合こそ大事にしたい。そのためには人を褒めること。1回ではだめで、2回以上繰り返して褒めよう。つい人を回そうとしてしまい、人を褒めたりその気にさせたりするのは下手な八白だが、今月はメリットを示して人を喜ばせよう。苦手に感じても、何度でも繰り返してやってみることが大切だし、繰り返すうちにだんだんできるようになってくる。また八白は人に対して公平に接しているつもりでも、どうしても好き嫌いが出て不平等になってしまうから、そこは要注意。



◆九紫火星
(S12、21、30、39、48、57、H3、12年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 70点。衰運期にありながら一時的に日が当たり、ホッとひと息つける今月の九紫火星。安心感があるせいか、油断するとつい悪い癖が出て人間関係が雑になってしまうから気をつけたい。調子よく行きたいという思いや結果を出したいという焦りがあればなかなか止まれないが、つんのめりながらでもいいから止まること。5月こそ、止まることで目標をもう一度見直したいのだ。もし今月こらえることができたら、持ち前の頭の良さで調和を取ることができる。それから5月は飲み歩くのを控えたいし、とくに肉体関係には注意が必要。羽を伸ばしたいのはわかるが、それを止めてみる。陰の問題……淋しさや孤独を止めてみたい。止めることで、進めたかったことがスッと進むようになる。仕事や信用面で新しいことがスタートするし、全体を俯瞰する力が身につく。


(監修/藤井康夫)


■お問い合わせ
kumi_kaise@clover.good.sc
[PR]
by clover_37 | 2011-04-28 04:33 | 気学

2011年1月の運勢

●天の気(宇宙全体のエネルギー)は【己(つちのと・土性・陰)】で、1月は見えないところで起き上がってくるものがあることを表している。「陰」なので表立ったものではないが、水面下で反対勢力が伸びてきたり、既存勢力に反対されながら立ち上がってくるものがあるはず。今月は【甲(きのえ)】に恵方がかかっているから、やると決めたことややりたいことがあるなら、反対されても思いをつらぬくことが重要なカギとなる。また【己】は「紀(=ただす)」を表すから、自分の我やワガママ、傲慢さをそぎ落とすために、師やメンター、家族、上司に対して主観を通さず、徹底して従ってみるといい。

●地の気(地球のエネルギー)は【丑(うし・土性・陰)】で「紐」の字に用いられるが、これは三本の糸が寄り集まった姿を表している。そのため1月は企業の統合・合併やM&Aが増えるし、弱い企業同士がくっつく場合もあれば、弱い企業が大きな企業に吸収される場合もある。また【丑】は「束ねる・まとめる・整理する」の意味があり、今月支社や工場をまとめたり、変革のために内需縮小を図ったりしている企業は今後かなり強くなると見ていい。明確な未来(ビジョン)を持っているかどうかがカギとなり、表向きには「つぼみ」にしか見えないが、そうした企業は金銭的にも潤っている。とにもかくにも、ビジョンを持っているのなら、そこに向かってつらぬき通していくことだ。行き先を信じて歩くものには必ず協調してくれる者や仲間がいるし、必ず利潤につながっていく。

●人の気(生命のエネルギー)は【九紫火星(きゅうしかせい・火性・陰)】で、人間関係上の争いに注意が必要。苦労を嫌い、人の世話を嫌っていたり、人間関係の問題で腐っているものは、無意識のうちに相手を言葉で傷つけて、思いがけないような形で争いが生じてしまう。一方、元気に明るく人を褒め、人のために苦労する者は割れない殻を突き破り、やがて目標へと手が届くようになる。


◆一白水星
(S20、29、38、47、56、H2、11、20年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 40点。本格的な衰運の入り口に立ち、スピードを落としたい今月の一白水星。北西に廻座し、あちこちからオファーがかかったり、リーダーシップを求められて忙しいが、疲れもあって元気が出にくいし、責任を負担と感じてしまう。それでもいいから、とにかく求められたら「希望に応えよう」「しっかり責任を取ろう」と腹を決めて取り組もう。するといろんなものが見えてくるし、だんだん楽しくなってくる。好き嫌いや個人の都合は脇に置いて、公平に人と関わることが幸運のカギ。


◆ニ黒土星
(S19、28、37、46、55、H1、10、19年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 80点。今月は西に廻座して、役割やノルマが増える二黒土星だが、気分的にはかなり楽になっている。忙しい中でも遊びや楽しみを大事にしたいし、実入りも期待できる。1月に実入りの少ない二黒はどこか利己的で自分にとらわれているし、口から出るのは不満ばかりだから、そこをしっかり反省したい。一方、「楽しいね」と言えるニ黒は先の見込みが立つし、生き生きして金回りも良くなる。また1月は、過去に遣り残したことにリトライするチャンス。キーワードは決心・公平さ・健やかさ。


◆三碧木星
(S18、27、36、45、54、63、H9、18年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 50点。何か終わらせるか、止めたいものがある今月の三碧木星。必要なものの中から愛着のあるものは残してもいいが、執着するものがあれば思い切って捨ててみるといい。すると自分にとって足かせになっているものが外れ、状況を打開していく。リスクや不安・不満もあるが、それ以外は全部満足できるはず。そして人も自分も褒めていけば、「これでよし」とコツをつかむことができる。何も止められないなら、「先が見えない」というリスクを捨ててみよう。すると分別がつくようになる。


◆四緑木星
(S17、26、35、44、53、62、H8、17年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 40点。2010年の最衰運期を今ひとつ抜けきれず、まだ体は温まっていない今月の四緑木星。あれもこれもとやりたいことだらけでじれったさを感じるが、つぼみが咲くのはまだ少し先となる。これまでに自分が傷つけてきた人のことを省みて、自分を作り直してきた四緑は「今はまだ慌てなくていいのだ」とわかるし、心の軋みが多い中でも口から出る言葉は明るく、元気に過ごすことができる。一方、焦りのある四緑は無理に行動を起こし、やりたいことを全部止められてしまうから要注意。


◆五黄土星
(S16、25、34、43、52、61、H7、16年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 60点。月の最衰運期に入り、今月は過去と同じ過ちを繰り返しやすい五黄土星。わかったつもりでもまだまだ学びは浅いのだから、目立たず動かず、じっくり人の面倒を見たい。もともと「気」はいいのだから、今月は金銭的な余裕もないし、どこまでも人のために苦労しよう。チャンスを探して出歩き飲み歩くと、過去と同じ轍を踏む。止まってみれば、これまで見ないようにしてきた欠点が見えて「こうすればいい」「ここを変えればいい」とわかるし、決心できるから楽しくなってくるはず。


◆六白金星
(S15、24、33、42、51、60、H6、15年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 80点。今月は南西に廻座している六白金星。コツコツやるのが好きで、何事もキチっと順を追ってやりたい六白にとって、南西は一番調子が良いと感じるところ。今月は体調もいいが、地道に歩く中で未来(目標)が見えなくなる可能性があるから、常に目標にフィードバックをかけていきたい。人の世話でくたびれたり心労が増えたりするが、そこをどれだけ地道に行けるか。目立ちたい六白は苦労を嫌い、目標を見失う。一方、苦労を嫌わず数多くコツコツこなす六白はこの道で間違いないと見えてくるし、決断も良く楽しい。


◆七赤金星
(S14、23、32、41、50、59、H5、14年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 70点。七赤金星の運気は好調で、本来のお調子者ぶりを発揮して「行け行けどんどん」のムードがあるが、今月は地道に一段ずつ階段を登ることを意識したい。押し上げてくれる人がいるからこそ今の自分があるのだから、それらに「大丈夫」「問題ない」と声をかけていくこと。さらに、七赤が手綱を束ねて引っ張り、しっかりリードすれば、人がついてきてくれる。多少リスクを感じても構わない。強引に進めていけば、やがて収益につながっていく。


◆八白土星
(S13、22、31、40、49、58、H4、13年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 80点。ここ数年で、今月1月が最も調子が良いと感じる八白土星。もし手元に利潤を生み出すモノを持っているなら、積極的に打ち出していきたい。喋るのがあまり上手でなく、八白が喋ると何となく詐欺っぽく聞こえてしまうから、説得・説明しようとせず、元気に自信を持って伝えればいい。押し過ぎれば、かえって引かれてしまう。知っていることだけで十分だから、繰り返し伝えてみよう。また2度目にツキあり。心の調和が相手にそのまま伝わるから、心を整えながら、元気に華やかに歩くことがカギ。


◆九紫火星
(S12、21、30、39、48、57、H3、12年の2/4~翌年2/3生まれの人)

 90点。今月の九紫火星は運気が強い。実力がありスタンドプレーは上手い九紫だが、調和やチームワークといわれると下手で、調子づくと槍玉に上げられてしまう。今月は目立って発言しなくていい。また目立った動きはせず、なすべきこと……自分の役割をしっかり果たしたい。上司でも親分でもいいから、仕える者のために陰役に徹し、大義名分のために役割を全うするとき、もっとも九紫が九紫らしく輝く。そうやって裏方に徹することで、自分の弱点を切り替えていくことができる。


(監修/藤井康夫) 


◆お問い合わせ
kumi_kaise@clover.good.sc
[PR]
by clover_37 | 2010-12-20 00:56 | 気学